トレードで成功するために捨てるべき10のモノ

下は、スティーブ・バーンズ氏のブログから抜粋したものです。

1、あなたは、マーケットの次の動きを正確に予想することに執着していないでしょうか?正しい予想をする必要はありません。常に正しいのはマーケットの方ですから、あなたは予想することにエネルギーを使うのではなく、マーケットの流れに乗ることに注意を払うべきです。


2、「頑張れ!」と一生懸命に応援しても、株価が、あなたの思うように動くことはありません。株価が動く度に感情的になっていたのでは、大切なエネルギーを浪費してしまいます。つまらないことに感情的になることをやめましう。

3、外的要因が損に結びついた、という結論を出すのはやめましょう。トレードで損が出たのは、あなたの選択が間違っていたからです。

4、ルールを破ったのなら話は別ですが、自分のトレードプランに従って出た損を、いつまでもくよくよと考え続けてはいけません。

5、自分の見方が間違っていたことが証明されたポジションは、さっさと捨てなさい。

6、つまらない自信を捨てなさい。この株は絶対に行ける、これは100%確実に儲かる、と思っているときは特に危険です。

7、過去のトレードは忘れなさい。この株で大きく儲けたことがある、といった思い出があると、その銘柄に対して好感を持ってしまいますが、過去の状況と現在のマーケットの状況は違います。それとは逆に、この株で損を出したことがある、といった経験があるとリベンジトレードをしてしまうことがあるので要注意です。

8、トレードの成績で、自分の価値を決めてはいけません。敗けが続くと、「自分はダメな人間だ」と落ち込む人がいます。トレードは人生のごく一部です。あなたには家族や友人、それに趣味などの大切なものがあります。

9、下がった株は必ず元の価格に戻る、などといった考えは捨てなさい。

10、目標株価に固執するのはやめなさい。目標株価を持つのは悪い、という意味ではありません。重要なことは、最終的な利食いは値動きが教えてくれます。

(参照した記事:10 Things A Trader Needs to Give Up

コメント