今週のマーケットの焦点:押し目買いは今回も通用するだろうか?

さて、今週の株式市場はどんな動きとなるでしょうか?とにかく先週のマーケットは大荒れだっただけに、投資家たちは思いつく全ての株サイトにアクセスして、情報集めに忙しいことでしょう。


・マーケットの激しい動きが終わったとは思われない。マーケットが売られた原因は現在も存在し、不安定なマーケットは向こう数日間、数週間に渡って続く可能性がある。-- クリスティーナ・フーパー(INVESCO
下は、CNBCが行ったオンラインの意見調査です。
質問:株式市場の混乱は、向こう数週間に渡って続くと思いますか?
回答: 
・続くと思う: 66%
・続かないと思う: 27%
・分からない: 7%
(総回答数:2483)
AAIIから毎週発表されている、個人投資家たちのセンチメント調査結果を見てみましょう。
・株に強気: 37% (前回から7.7パーセンテージ・ポイント減)
・株に弱気: 35% (前回から6.3パーセンテージ・ポイント増)
・中立: 28% (前回から1.5パーセンテージ・ポイント増)
・歴史的平均値: 強気(38.5%)、弱気(30.5%)、中立(31.0%)

今回のセンチメント調査では、AAIIはメンバーにこんな質問をしています。
・現在のマーケット状況で、最も有望な業種、セクターは何だと思いますか?
回答:
・銀行:33%
・ハイテク株: 31%
・ヘルスケア、製薬、バイオテクノロジー:22%
・素材: 18%
・エネルギー:14%
AAIIのチャールズ・ロットブラット氏はこう述べています。
多くのメンバーが、マーケットの下落が近いことを予想していたが、このような速い速度での下落に皆驚いている。
買い手にとって、今週のマーケットは重要です。「下がったところで買っておけば間違いない」というマーケット環境が長く続いているだけに、買い手たちは早急な回復を期待しています。

先週のマーケットの下げは暴落にはほど遠い下げですが、買い手に大きな不安を与えたことは事実です。しかし、本格的な下げ相場が始まるためには、「押し目買いはもう通用しない」という決定的なマーケット展開が必要です。

コメント