投稿

10月, 2015の投稿を表示しています

ドル円はどちらへブレイクする??

イメージ
ドル円の日足チャートです。


9月から横ばい状態、レンジ内での動きが続いていますが、はたしてどちらへブレイクするでしょうか?ポートフォリオ・マネージャーのアンドリュー・スラッシャー氏が、円のETFを今日のブログで取り上げているので、氏の見方を紹介したいと思います。

後知恵と株投資

イメージ
「買っておくべきだった」、「売るのが早すぎた」、などと株の売買で後悔することがあります。言うまでもなく、事が実際に起きた後で判断することは簡単であり、「後知恵の的中率は100%」という言葉もあります。昨日のブログで、ドラスコ・コバリヤ氏(投資アドバイザー)は、後知恵の持つ落とし穴について指摘しています。
「1992年にスターバックス株が上場された時に1万ドル分買っていれば、現在それは150万ドルになっている」、というツイートがあった。

米国住宅事情: 上昇が止まらない家賃、ますます苦しくなる人々の暮らし

イメージ
不動産の投資家として有名なサム・ゼル氏が、2万3000件に及ぶアパートを売却する、というニュースが話題になっています。

金額に換算すると売却総額は54億ドル、そしてこれはゼル氏の投資会社が保有するアパートの25%に相当します。

米国債の大きな動きに備えるトレーダーたち

イメージ
今朝のブログでマーク・アーベター氏は、「米長期国債のETFに、大きな動きがそろそろ起きそうだ」、と書いています。理由はボリンジャー・バンドですが、先ずボリンジャー・バンド無しで日足チャートを見てみましょう。

アルミニウムの大手アルコアと季節性

イメージ
昨日のブログで素材が最近好調であることを書きましたが、素材銘柄で有名なアルコアに関する、こんなチャートをたまたま見つけました。(アルコア社はアルミニウム、アルミニウム製品およびアルミナの世界的なメーカーです。)

動き始めた素材、ブルマーケットは天井が近い??

イメージ
最近調子が良くなってきたのは素材です。

上の表は、最近1カ月の各セクターの成績になり、トップは+11.27%の素材、最下位はマイナス1.26%のヘルスケアです。下は、過去1年間で見た場合です。

急落、パニック、ダブルボトム

イメージ
バイオ医薬品大手のアブビーが10.33%の大幅下落となりました。下が日足チャートです。

現時点で銀を買うのは間違い??

イメージ
ジェーソン・ゲップファート氏(SentimenTrader)は、銀価格が極めて重要なレベルに達していることを指摘しています。

トレーダー・コーチからの質問: あなたはマーケットに支配されていませんか?

イメージ
10日ほど前のブログになりますが、『トレーダーの精神分析』などの著書で知られるブレット・スティーンバーガー氏が、私たちが感情的なトレードをしてしまう本当の理由について書いています。


なぜ、あなたは感情的なトレードを繰り返してしまうのだろうか?あなたには、自分をコントロールする力が決定的に欠けているのだろうか?それとも、トレード計画を守れないのが原因だろうか?

強烈なオプラの影響力、一日で株価は2倍

イメージ
オプラ・ウィンフリー:: アメリカ合衆国の俳優、テレビ番組の司会者兼プロデューサー、慈善家である。経済誌『フォーブス』によると、20世紀のアフリカ系アメリカ人の中では一番の資産家となり、2004年までの時点で黒人唯一のビリオネア(10億ドル以上の資産家)である。(ウィキペディアから抜粋) 今日一番の話題はウィンフリー氏です。

これが株の上昇原因だ、という考え方の危険性について

イメージ
ニューヨークに上場されている日経225インデックス・ファンドで見た場合、今年ここまでの日本株の成績は+7.38%です。(S&P500指数はマイナス1.25%) グーグルにアクセスして、「what do you think about Japanese stocks?(日本株をどう思いますか?)」、で検索してみました。

8月10日、20年の株トレード歴を持つアダム・グライムズ氏は、こんなことを書いていました。

ツイッター、キヤノン、みずほファイナンシャルに共通していること

イメージ
マイクロソフトの前最高経営責任者スティーブ・バルマー氏がツイッター株の4%を買い集めていたというニュースが流れ、ツイッター株は1ドル44セント高(4.85%)で金曜の取引を終了しました。

個人投資家でツイッター株を最も保有するのはツイッター共同創立者のエバン・ウィリアムズ氏(7.5%)、アルワリード王子(5.2%)、そしてその次がバルマー氏です。

ツイッターはS&P500指数より優秀???

イメージ
興味深い記事だったので、Market Prophitに早速アクセスしてみました。Marketは株式市場や商品市場のことですが、Prophitは造語です。おそらく、profit(利益)とprophet(予言者)の二つの意味を表す言葉だと思います。最高経営責任者のイゴール・ゴンタ氏は、Market Prophitをこう説明しています。
当社はファイナンシャル・データ会社です。株、為替、そして商品に関するツイートを分析し、投資家たちのセンチメントをマイナス1(最も弱気)からプラス1(最も強気)にランク付けをします。

早すぎる売り、早漏的な利食いをどうやって防ぐのか?

イメージ
利食うのが早すぎた、と後悔したことは一度や二度ではありません。目標株価に達したから売った、と予定どおりに行動するのは良いのですが、もしあそこで売らずに今日まで持っていたらかなりの利益になった、と悔しい思いをすることがよく起きます。利食いの早すぎる人は、「早漏トレーダー」などと馬鹿にされることがありますが、どうやったら早漏トレードを防ぐことができるでしょうか?


ジェシー・フェルダー氏(The Felder Report)は、こんなことを語っています。

新興国市場の株はドラゴン・パターン?

イメージ

マーケットの大幅下落を心配する投資家たち

イメージ
あまり聞くことがない「スキュー指数」が話題になっています。この指数は、ボラティリティ指数と同様に、投資家たちのセンチメントを把握するために活用され、下が日足チャートです。

10月12日(月)、148.92という史上最高のレベルで終了し、投資家たちの株式市場に対する不安感が大きく上昇しています。

フェイスブックを利用した銘柄選びの一例

イメージ
お馴染みの、フェイスブックの「いいね!」です。英語版では「Like」になります。

記事は最後まで読みましょう、という好例

イメージ
金曜のマーケット・ウォッチに載っていたヘッドラインです。


最高経営責任者や他の内部関係者たちが、自社株を積極的に買っている、という意味になります。会社の内容に誰よりも詳しい人たちが貪欲に買っているのですから、これは言うまでもなく株価に好影響です。コラムを書いたのはマーク・ハルバート氏(ハルバート・ファイナンシャル・ダイジェスト)ですが、このようなチャートも掲載されています。

トレーダーの悪夢、ハッカーに口座資金を盗まれる

イメージ
ハッキングの被害が相次いでいますが、最近では不倫サイトとして有名なアシュレイ・マディソンの一件があります。犯人は盗んだ顧客リストを公開し、その中には有名人も含まれていたため、マスコミは大きく取り上げました。

ハッカーたちが狙うのは、一定の業種に限られているわけではありません。約1週間前になりますが、外為業者FXCMがハッキングの被害にあったことが報道されています。

逆張り的な見方をしているアナリストの意見

イメージ
逆張り投資家はコントラリアンと呼ばれ、投信資料館は、こう説明しています。
コントラリアンは、誰もが起こると期待していることは、恐らく実際には起こらない、という考え方を基本としています。したがって、誰もが成長を期待して買っている銘柄には見向きもせず、銘柄の価値が市場によって十分に評価されていない銘柄を見出して投資します。

ダブルボトム、二つの買い方法

イメージ

債券市場からのメッセージを見てみましょう

イメージ
トマス・キー氏(ストック・トレーダーズ・デイリー)のコラムが気になったので、そのことについて書きます。要点はこれです。


左側は米国債のETF、右側はS&P500指数(大型株指数)の最近3カ月間の日足チャートです。8月下旬、株式市場は大幅下落、そして最近はやや回復して横ばいになっています。株が回復しているのだから、国債へ避難した資金は株へ戻る筈だ、と思ってしまうのですが、矢印で分かるように国債のETFの上げ方向に変化はありません。これは何を意味するのでしょうか?

著名経済サイトから石油株の底打ち宣言

イメージ
多くの読者を持つ経済サイト、バロンズの見出しです。
Oil Stocks Have Bottomed; Charts Send a Buy Signal (石油株は底打ち。チャートには買いシグナル) 記事は、こう始まっています。
ニュースやファンダメンタルズよりも先に、チャート上に変わりゆく状況が現れることがあり、現在のエネルギー・セクターがそれに匹敵する可能性がある。(バロンズ) 下が、バロンズに掲載されているチャートです。

続伸の米国株式市場: 単なるベア・ラリー!?

イメージ
米国株式市場は続伸です。マーケット終了まで約30分を残し、ダウは1.83%、S&P500は1.78%、そしてナスダックは1.47%の上昇となっています。下は、ダウ平均に連動するETF、SPDR Dow Jones Industrial Average (DIA)の日足チャートです。

個人投資家たちが保有する現金は過去2年間で最高

イメージ
AAIIから毎週発表される個人投資家たちのセンチメントです。
質問: 6カ月後の米国株式市場は、現在のレベルより高くなっていると思いますか(強気)、安くなっていると思いますか(弱気)、それとも現在と同レベルだと思いますか(中立)?

15分足チャートで見る投資家たちの心理状態

イメージ
「投資心理のサイクル」、と題して、このチャートをブログに載せたことがあります。


投資家たちの気持ちは、株価の変動から大きな影響を受けますが、上のチャートには投資心理の浮き沈みが示されています。

ガッカリな雇用統計、しかし上手く決まった30分プレイ

イメージ
水曜に発表された、(米)9月のADP全国雇用者数は予想された19万人増を上回る20万人増という結果でした。


雇用創出が着実に進んでいる。エネルギー関連、そして製造業の職数が減っている状況にもかかわらず、米国内の雇用者数は毎月平均で20万人増えている。このペースで進んで行けば、完全雇用が達成されるのは時間の問題だ。 -- マーク・ザンディ(ムーディーズ)

今年は銀行預金が勝つ?

イメージ
米国の銀行で預金した場合に得られる利子です。

一番上が普通預金(Savings)、利子は0.06%、そしてマネーマーケット(三番目)は0.08%です。