投稿

12月, 2014の投稿を表示しています

前年度の成績を気にする投資家たち

イメージ
あと2時間45分ほどで、今年最後のマーケットが終了です。2014年を振り返ってみると、何と言っても目立つのは原油価格の大幅下落です。お陰で、ガソリンの値段も下がっています。

米国消費者に大人気のアマゾン、しかし株主たちは、、

イメージ
米国で最も人気の企業はアマゾン・ドット・コムだそうです。


上はアマゾンのロゴですが、どんな意味があるかご存知でしょうか?

文字の下にある矢印はニッコリと笑っている口のように見え、これは客を幸せにするという意味があります。更に、この矢印はaから始まってzで終わっています。これは、アマゾンはAからZに至る、ありとあらゆる商品を揃えていることを表わしています。

大きな動きが起きそうな航空会社株

株ブロガーたちのコメント

イメージ
・ 誰でも知っていることだが、マーケットの予想を正確にすることは極めて難しいことだ。しかし腹が立つことは、どんなに明らかな証拠があっても、専門家たちは自分たちの間違いを直ぐに認めようとしない。彼らは、こんな言い訳をする。

1、もし、これさえ起きなければ、、、(もし、それが起きていれば、、、)

例: イエレン連銀議長がそんな事を言っていなければ、私の予想どおりに状況は進んだことだろう。

プロも強気、個人投資家も強気

イメージ
ロイターの報道によると、米株専門のファンドに今週流入した資金額は史上最高の365億ドルでした。下がヘッドラインです。


米国の上昇相場が始まってから既に5年以上の月日が経過し、ダウ平均は18,053.71という史上最高値で今週の取引を終了しました。史上最高値で史上最高の資金流入、、何となく嫌な感じがします。

ダウの犬たち、ダウの子犬たち、次はネコ

イメージ
ダウの犬たち」、「ダウの子犬たち」、と二日連続で書いたので、今日はネコという言葉が入っているパターンについて書きたいと思います。

何と言っても有名なのはデッド・キャット・バウンス(Dead Cat Bounce)です。

ダウの子犬たちはダウの犬たちより優秀

イメージ
ダウの犬たち」という投資方法について昨日書いたので、続編として今日は、「ダウの子犬たち」という株投資方法を書いてみたいと思います。


先ず、「ダウの犬たち」を選びます。

「ダウの犬たち」という投資方法をご存知ですか?

イメージ
毎年この時期になると思い出すのは、「Dogs of the Dow (ダウの犬たち)」、と呼ばれる投資方法です。


ダウというのは30銘柄で構成されるダウ平均のことです。では、どのようにしてこれら30銘柄の中から、投資対象になる有望な犬を見分けるのでしょうか?

投資家たちが無視している真実とは?

イメージ
今日、私は皆さんに勧めたいことがある。多くの投資家たちが無視している、これら10の基本的そして単純な真実に目を向けてほしい。-- バリー・リットホルツ(リットホルツ・ウェルス・マネージメント) 一番最初に挙げられていたのはこれです。
私たちだけでなく、プロのファンド・マネージャーにとっても、適切な銘柄を選び、そして良いタイミングで売ることは極めて難しいことだ。現に、今年のミューチュアル・ファンドの成績を見てみると、85%のファンドはS&P500指数の上昇率を下回っている。私たちも遅かれ早かれ投資で大損をすることになり、利益を上げることができたのは投資技術のお陰ではなく、単に幸運であっただけだということに気がつくことになる。 三番目に挙げられている真実はこれです。

マーケット関係者たちのコメント

イメージ
・ 今週はクリスマス、伝統的に出来高が少なくなる週だ。マーケットは先週大きな上昇となったが、季節的要素を考えると、今週のマーケットも上昇しそうだ。過去36年を見た場合、12月に株式市場が上昇したのは28回だ。 -- ウォレス・ウィトコースキー(マーケット・ウォッチ



・ ある程度の期間に渡って、良い成績を上げ続けることができる株投資方法を見つけるのは、そんなに難しいことではない。問題は、多くの投資家は、一つの投資方法に忠実に従うことが出来ない。 -- マイケル・バトニック(リットホルツ・ウェルス・マネージメント

反発ラリーを展開中のエネルギー株

イメージ
今週のマーケット(12月15日-12月19日)の結果:

・NYダウ平均: +3.03%

・S&P500指数: +3.41%

・ナスダック: +2.40%

特に目立ったのは低迷していたエネルギー株の上昇です。

ハッカーの要求に屈したソニー、全てはソニーの責任??

イメージ
Obama: Sony 'did the wrong thing' when it pulled movie(オバマ大統領: 映画の上映を中止したソニーは間違っている。) ソニーが被害者なのですが、多くの人々はこう見ているのではないでしょうか?ニューヨーク・ポストの第一面です。

プルバックの売りパターンについて

イメージ
無理して背伸びしている弱い株を空売れ、という言葉があります。言うまでもなく、無理しているのですから、そんな姿勢を長時間続けるのは不可能です。では、「無理して背伸びしている株」というのは、具体的にはどんなパターンでしょうか?分かりやすい例は、ロシア株のETFです(日足チャート)。

キューバと国交正常化交渉ニュースでCUBAが大幅上昇、しかし、、

イメージ
7974と言えば任天堂の証券コードですが、アメリカ株で証券コードに相当するのは、アルファベットで構成されたティッカー・シンボルです。たとえばアップル株のティッカー・シンボルはAAPL、グーグルはGOOG、そしてフェイスブックはFBです。

今朝、こんなニュースが報道されました。

<米キューバ>国交正常化交渉を開始 米大統領が発表

さて、スマッシュの買いパターンが出来上がるだろうか?

イメージ
火曜のマーケット終了まで、あと4時間ほど残っています。ニューヨークはお昼、ここカリフォルニアは午前9時を少し過ぎたところです。下はS&P500指数の日足チャートですが、注目していることが一つあります。


ひょっとすると、スマッシュの買いパターンが出来上がる可能性があります。
スマッシュ(smash): 強打する、打ち砕く、壊す スマッシュの買いパターンが壊すのは、トレーダーたちの思惑です。

下げが止まらない原油: ダイバージェンスの話

イメージ
原油価格は今日も下げています。下は原油価格に連動するETF、United States Oil (USO)の日足チャートです。

単に下げが続いているだけでなく、膨大な最近の出来高は投資家たちの動転ぶりを表し、正にパニック売りといった状態です。次に乖離率を見てみましょう。

30分足チャートと移動平均線

イメージ
ニューヨークの株式市場は午前9時半に始まり、終わるのは午後4時、計6時間30分です。デイトレーダーたちは1分足、5分足、30分足、60分足と様々な時間軸のチャートを使ってトレードする訳ですが、今日は30分足チャートの話をしたいと思います。

株に悪材料なのはどちら?原油価格の上昇、それとも原油価格の下落?

イメージ
多くの人たちが同じことを感じていることでしょう。昨日のブログで、ジョシュア・ブラウン氏(投資アドバイザー)は、経済ニュースの矛盾性について書いています。

実例として挙げられているのは、これら4つのヘッドラインです。

報道があったのは全て同日、今年の6月12日になり、どれも「原油が急騰し株式市場が下げた」ことを伝えています。
Oil prices jump on Iraq anxiety, stocks fallロイターU.S. Stocks Fall as Oil Prices Rally Amid Iraq TensionブルームバーグOil prices up, stocks downCNNマネーDow Drops Over 100 Points as Iraq Fighting Raises Oil PricesCNBC)

買いを集める米国債、悲観的な株ニュースレター

イメージ
あと1時間ほどで金曜のマーケットが終了です。下落が続く原油が今日も一番の話題になっていますが、ひょっとすると米国株式市場は、ここが天井かもしれないという声も聞こえてきます。投資家たちが心配になった理由の一つは、これです。

65歳までに15億5000万ドルの資産を築き上げる方法??

イメージ
アクセス数が増えるという理由で、金融ジャーナリストはスーパー・リッチの話ばかりを書いている。ウォーレン・バフェットがメキシコのカルロス・スリムを抜いて、長者番付の第2位になったという記事が先日あったが、そんな話を読んでも私たちの投資には全く役立たない。 -- マーク・ハルバート(ハルバート・ファイナンシャル・ダイジェスト) そう言われてみると、金融サイトには、超裕福な人々のライフ・スタイルに関する記事が最近多いように思います。豪華なヨット、自家用ジェット、と正に夢のような生活ですが、「スーパー・リッチな人々の話を読むことは、私たちが良い投資家になる妨げとなる」、とハルバート氏は言います。

手放しで喜べない原油安

イメージ
二日前、5年ぶりの安値が報道された原油は今日も下げが続き、こんなツイートが出ています。

「現在の原油価格では、全ての産油国は赤字だ。」 -- Urban Camel しかし、この原油安のお陰で、米国消費者はガソリン安という恩恵を受けています。下は、最近6ヶ月間のレギュラー・ガソリン価格の推移です。

ウップス!の買いパターン続出の火曜

イメージ
ウップス!のパターンを有名にしたのはラリー・ウィリアムズ氏です。


ウップス!(しまった!)には買いと売りの両パターンがありますが、今日のマーケットで続出となったのは買いの方です。非常に簡単な手法です。

複数の時間軸チャートを使ったトレードについて

イメージ
30分ほど前、株トレーダーのブライアン・シャノンさんが、こんなツイートをしています。

先ず、$SPYというのは、S&P500指数に連動するETF、SPDR S&P 500のことです。

モーガン・ハウセル: 「過去に発表された株予想を読んでみること。そうすれば予想のバカらしさが分かる。」

イメージ
米国株式市場は、ほぼ6年に渡る上げ相場が続いています。先週金曜、ダウ工業株30種平均は17958の新高値を記録し、2009年3月の安値から2.7倍に成長です。ここが天井だ、現時点で買うのは間違っている、という弱気論が多い今日この頃ですが、この6年間に及ぶブルマーケットを振り返って、モーガン・ハウセル氏(金融コラムニスト)はこれらの興味深い事を指摘しています。


セクシーな株とはどんな株??

イメージ
皆さんにとって、セクシーな株とはどんな株でしょうか?セクシーなどという言葉は株にあてはまらない、と言われる方々もいることでしょうが、スイング・トレーダーのチェスさんは、金曜のブログでこう書いています。
セクシーな株 = ボトム・ピッキング (bottom picking) bottomは底です。pickingは拾うという意味ですから、ボトム・ピッキングは底値拾いのことであり、底値拾いを出来そうなパターンを形成している株がセクシーな株です。

余談になりますが、bottomには「お尻」という意味もあります。チェスさんのブログに、真っ先に出てくるのが、この写真です。

株よりも為替だ!? ますます注目されるドル円

イメージ
雇用統計があったので、今朝はいつもより早い4時起きです。私は夜型の人間だと思うのですが、カリフォルニアとニューヨークには3時間の時差があるので、早起きが完全に身に付いてしまいました。
11月米雇用者数は32万人増、3年ぶり高い伸び-失業率横ばい(ブルームバーグ) 予想を大幅に上回る強い結果でしたが、マーケットには大した反応がありません。S&P500指数の5分足チャートです。(金曜のマーケット終了2時間前時点)

ルーブルを空売る者はロシアの敵だ!?

イメージ
今朝のニュースで、何と言っても目立ったのはこれです。

「プーチン大統領は、ルーブルの価値を下落させている投機家たちの処罰を約束した」、という意味になります。要するに、「ルーブルの空売りは犯罪だ」、と公言した訳です。

米国債市場: 8ヶ月ぶりに考えを変えた投資家たち

イメージ
11月25日から12月2日までに資金が最も流入した10のETFです。(単位は100万ドル)

トップは、26億7860万ドルの資金が流入となったS&P500指数(大型株指数)に連動するSPDR S&P500(SPY)です。詳細を見てみましょう。

著名トレーダー、リンダ・ブラッドフォード・ラシュキ氏の話を少々、、

イメージ
スイングトレードは2、3日、長くても5日間で終わるトレード、と一般的に解釈されています。数日間に渡るトレードですから、オーバーナイトのポジションを持つことになるのですが、著名トレーダーのリンダ・ブラッドフォード・ラシュキ氏は、こんなことを指摘しています。
もしトレードが思惑どおりに動いているならオーバーナイトのポジションを作ること。

アナリストの極端に明るい予想、暗い予想には要注意

イメージ
この5ヶ月間で、原油は38%の大幅下落となった。多くのアナリストたちは、まるで地獄の黙示録のような極めて低い目標価格を、これから次々と発表することだろう。 -- ジェーソン・ズワイグ(Money Beat) アナリストも人の子です。よく言われることですが、アナリストも個人投資家のように、皆が強気なときは強気に、そして皆が弱気なときは弱気になる傾向があります。