投稿

10月, 2014の投稿を表示しています

世界を驚かせた日銀総裁

イメージ
思ったとおり、金曜のトップ・ニュースになったのはこの人です。


日銀、追加緩和を決定 資金供給10兆~20兆円拡大(日本経済新聞

ハロウィーン・インディケーター

イメージ
10月31日はハロウィーンです。ドラキュラ、海賊、魔女などの様々なコスチュームを着て、子どもたちは近所の家々からチョコレートを集めます。


ハロウィーンは子どもにとって楽しい日だけでなく、株投資家にも意味がある日です。先ず、思い出してほしいのは、この言葉です。

予想されたとおりQEは終了: 専門家たちのコメント

イメージ
FOMC:量的緩和を終了、超低金利は「相当な期間」維持へ(ブルームバーグ) さっそく買われたのはドルです。

マーケットは今日も上昇、FOMC協議終了まであと19時間30分

イメージ
値動きは投資家たちの気持ち、心情を表わしている。もし株価が上昇しているなら、投資家は買い気に溢れ、その反対に株価が下降する状況では、投資家たちの売り意欲の強さが示されている。しかし重要なことは、値動きには出来高の裏付けがあることだ。 -- スラヴ・フェドロフ(トレーダー) 下は、NYダウ平均に連動するETF、SPDR Dow Jones Industrial Average (DIA)の日足チャートです。

大きく売られたブラジル株、ルセフ氏の再選に投資家たちはガッカリ

イメージ
ルセフ氏がブラジルの大統領に再選され、投資家たちはガッカリです。マーケット終了まで、まだ2時間半ほどありますが、下はニューヨークに上場されている主なブラジル株の様子です。
Petróleo Brasileiro S.A.(ペトロブラス): -12.80% Vale S.A.(ヴァーレ): -5.56% Itaú Unibanco Holding S.A.(イタウ・ウニバンコ): -5.52% Banco Bradesco S.A(バンコ・ブラデスコ).: -4.80%

ニューヨークの地下鉄にエボラ熱患者乗車、株価はどう動いた?

イメージ
エボラ熱感染の医師、NY地下鉄乗車 当局は「安全」強調(CNN)エボラ患者と接触の全渡航者を強制隔離 NY州など (日本経済新聞) 「エボラ熱感染の医師」のニュースは木曜に報道されていたので、金曜のマーケットではエボラ熱関連銘柄が買われるだろう、と思っていました。

株式市場、投資家、アナリストの真実???

イメージ
・ 株式市場というのは奇妙な所だ。買い手が現れると必ず売り手が現れ、その反対に売り手が現れると必ず買い手が現れる。面白いことに、両者に共通していることは自分が正しいと思っていることだ。

・ 株のアナリストがレストランへ行ってピザを注文した。「ピザの切り方ですが、6つに切りますか、それとも8等分にしますか?」、という質問にアナリストはこう答えた。「今日はとても腹が減っているから8つに切ってくれ。」

著名ファンド・マネージャー: 原油価格は更にもう10ドル下がる

イメージ
原油の下げが止まりません。

現在の価格は1バレル約82ドルですが、こういうチャートがビジネス・インサイダーに掲載されています。

不安定、波乱なマーケット環境が損の原因??

イメージ
株や為替のトレードは簡単ではありませんから、思っているような良い成績をなかなか上げることができません。苦しんでいるのは私たち個人トレーダーだけでなく、プロと呼ばれるヘッジファンドも苦戦しています。下は、二日前のウォール・ストリート・ジャーナルの見出しです。


「不安なマーケット情勢が原因となって、ヘッジファンドの成績は2011年以来最悪」、といった意味になります。記事によると、Jana Partners LLC、Discovery Capital Management、Paulson & Coなどの有名なファンドは今月だけで5%から11%の損ということですから、いかに今月のマーケットが波乱なものであるかが分かります。

久しぶりに310オシレーターの話

イメージ

米国株式市場の傾きは4時

イメージ
月曜の米国株式市場がそろそろ終了します。下は、S&P500指数に連動するETFの日足チャートです。


1の矢印の方向で分かるように、マーケットは安値から回復中です。しかし、出来高(2)を減らしながらの上昇ですから、多くの投資家たちが積極的に買いに参戦しているという状況ではありません。

無理して背伸びしている弱い株を売れ

イメージ
先週の米国株式市場:

ダウ平均: -0.99%

S&P500指数: -1.02%

ナスダック: -0.42%

もし金曜の反発が無ければ、ダウは2.58%、S&P500指数は2.28%、ナスダックは1.38%の下落です。



米国就活事情: 無視できないソーシャル・ネットワーキング

イメージ
Jobviteが行った意見調査です。
質問: 新しい人材を採用する際、あなたはどのソーシャル・ネットワーキング・サイトを利用していますか?

グーグル、重要なレベルをテスト中

イメージ
金曜、NYダウは+1.63%の反発となりましたが、グーグルは予想以下の決算が売り材料となり2.54%の下落です。下は、グーグルの日足チャートです。


大きな売り圧力を示す突出した出来高(A)、そして長い陰線が形成されましたが、見てのとおりサポートライン(1)を割ることはありませんでした。グーグルは、この辺で買いでしょうか?

米国株式市場: 小型株指数に違った動き

イメージ
荒れるマーケットが続いていますが、下は10月9日から10月15日までに、資金が最も流入したETFのトップ10です。

米国株式市場: パニック売りの午前、午後は反発ラリー

イメージ
株式市場の崩れが顕著になり、投資家たちの不安度が最高に達しています。恐怖&欲指数は、恐怖の絶頂を示すゼロに到達です。

顕著になったリスク・アペタイトの低下

イメージ
最近の米国株式市場は弱い展開となっている。特に注目したいのは、一般消費財と生活必需品だ。ファンド・マネージャーが強気なときは、資金は車、住宅、小売などの一般消費財に投資され、その反対に弱気なときはソーダ、タバコ、歯磨き粉などの生活必需品に資金が配分される。 -- J.C.パレッツ 下のチャートは、パレッツ氏のブログから取ったものです。

米国株式市場は今回も住宅市場を追う?

イメージ
米国株式市場は3連敗です。ダウ平均は200日移動平均線を先週既に割り、そして今日、注目されていた8月の安値を下回りました。

今は株を売る時ではない、何もするな!?

イメージ
今週の米国株式市場は2012年5月以来最高の下げとなり、CNNマネーには、こんな記事がさっそく掲載されています。

「株式市場から撤退するべきだろうか?」、「株は売り時だろうか?」、といった意味になりますが、こんなことが書かれていました。

ジャンク債、国債、米国株式市場

イメージ
リスクオン、リスクオフという言葉をよく聞きます。株やコモディティなどの危険度の高いものに資金を移動させるのはリスクオン、そしてそれとは反対に、安全な資産に資金を移す行為はリスクオフになります。ですから、今日のように株式市場が不安な状態では資金が株から他の安全なものに逃げますから、これは明らかにリスクオフです。

現在の状態はリスクオンなのか、それともリスクオフなのかを確認する一方法に、ジャンク債と国債の比較があります。危険度の高いジャンク債と安全な国債を比べることで、投資家たちはリスクオンに傾いているのか、それともリスクオフに傾いているかが分かります。

米国株式市場は発見期にある??

イメージ
The market is going through a period of discovery. -- クインシー・クロスビー(マーケット・ストラテジスト) 現在の株式市場は発見期にある、という意味になります。いったい、何を発見しようとしているのでしょうか?下はダウ平均の日足チャートです。(木曜のマーケット終了45分前時点)

パーティー・ムード復活の米国株式市場

イメージ
議事録によると、FOMCのメンバーたちは、弱さが顕著になった海外の経済と強いドルが回復中の米国経済に与える悪影響を心配している。 -- ジョン・ヒルセンラス(ウォール・ストリート・ジャーナル) FOMC議事録発表直後ドルは急落、ダウ平均は急騰です。

NYダウ、重要なレベルのテスト中

イメージ
大幅なマーケットの下げで、多くの持ち株に被害が出た。もし株を昨日全く処分していなかったら、今日は自分の葬式に参列することになっただろう。--  The Fly (iBankCoin) 嫌なムードになってきました。
恐怖&欲 指数(Fear & Greed Index)です。現在の数値は7、投資家たちは極めて強い不安を感じている状態です。

改めて感じる素早い損切りの重要性

イメージ
90%の暴落となったGT Advanced Technologies (GTAT)の日足チャートです。(月曜のマーケット終了90分前時点) 今朝の始値は11ドル6セント、そして現在の株価は1ドル4セント、正に悪夢のような下げ方です。

Coffee、コーヒー、珈琲

イメージ
カフェイン無しでは生きていけない私にとって、コーヒーの値上げは嬉しくない話です。そして下は、CNNマネーからです。

米国株式市場: 1日の急落は絶好の押し目買いチャンスだった??

イメージ
皆さんこんにちは。今日も当ブログにアクセスいただき有難うございます。昨夜は少し飲み過ぎて、やや頭が痛いですが、今週のマーケットを振り返っているところです。下の表は、9月26日から10月2日の間に、最も資金が流入したETFのトップ10です。

銀行の貸し渋りを愚痴る前FRB議長

イメージ
これは本当なのだろうか、と疑ってしまうこんなニュースがあります。


前FRB議長ベン・バーナンキ氏が、家のローンの借り換えが出来なかった、という意味になります。FRB議長を歴任した人が金を借りることが出来なかったのですから、銀行の審査というのは、いったいどれほど厳しいものなのでしょうか?

Jap ????

イメージ
事の発端はこのツイートです。


UUPというのはドル指数に連動するETFのことです。興味があったので、記事に早速アクセスしてみました。

コカコーラとエクソンモービル

イメージ
水曜のマーケット終了まであと45分、下はダウ工業株30種平均の日足チャートです。


1.44%の下落、売り圧力が明確な長い陰線が形成されています。50日移動平均線を決定的に割っていますから、多くの人たちは200日移動平均線(赤)がテストされることを予期していることでしょう。