投稿

5月, 2011の投稿を表示しています

好調な不動産投資信託

イメージ
・ 「5月頃から夏にかけて、住宅の売上は季節的に好調になるが、既にアナリストたちは冴えない売上見通しを発表している。」 --- デービッド・ブリッツアー氏(スタンダード・アンド・プアーズ) (火曜に発表されたケース・シラー住宅価格指数はまたしても下落となり、米国住宅市場の二番底入りが報道されている。)
・ 「米国の経済回復が弱い最大の原因は住宅市場だ。普通なら、住宅市場が景気の自律的な回復に大きく貢献するのだが、今回は全くその兆しが見えない。住宅バブルの崩壊は、今日も米国を苦しめている。」--- レックス・ナッティング氏(marketwatch.com)

記録的な低金利、下がり続ける住宅価格にもかかわらず、アメリカ人たちはなぜ積極的に住宅を買わないのだろうか?去年の8月になるが、こんな意見がmarketwatch.comに掲載されていた。

家を買おうと決心するためには、将来に対する明るい見通しが必要だ。今日の状況を見る限り、米国経済には、大した希望的な材料が無い。住宅市場が回復するためには、更なる住宅価格の下落が必要だという意見もあるが、そんなことを信じてはいけない。もう既に多くの地域で、住宅価格は25%を超える下げとなっている。住宅市場の回復に必要なのは職だ。こんなに多くの人々が無職では住宅市場は回復しない。
2010年12月、米国の失業率は9.4%、2011年1月は9.0%、2月は8.9%、3月は8.8%、そして4月はまた9.0%に戻ってしまった。しかし問題なのは、職探しをあきらめてしまった人たち、それにフルタイムで働くことができずパートで働いている人を含めると、数字は9.0%から15.9%に跳ね上がってしまう。

さて、ここで日足チャートを見てほしい。




好調な上昇が展開されているが、これはリート(不動産投資信託)指数だ。リートは、投資家から集めた資金で一戸建ての住宅、アパート、マンション、商業用物件などの不動産を購入し、そしてそれらから得た賃貸収入や売買益を投資家に分配する仕組みになっている。

テレビでは、住宅市場のスランプばかりが報道されているから、これを聞いていると全ての不動産がダメだと思ってしまう。住宅の売上は不調でも、人々は住むところが必要だから、アパートなどを借りることになる。不動産=ダメの先入観を持っていると、リートは見落としてしまう商品だと思う。


(…

注目のクリーンエネルギー

強さが見え始めたブラジル株

イメージ
連休の週末、一日余分に休みを取れるのは有り難い。chessNwineという名前でブログを書いている人がいるのだが、今日のテーマは南米だった。Brasil Telecom S.A. (BTM)、Bancolombia S.A. (CIB)などが紹介されていたのだが、実は私も先ほどチャートを見ていたときに、ブラジル関連のETFが面白そうだと思った。下はiShares MSCI Brazil Index (EWZ)の日足チャートだ。




今回も70ドル付近がサポートになり、株価の方は順調な回復ラリーを展開し、現在MSCI Brazil Index (EWZ)は50日平滑移動平均線(1)に挑戦中だ。

最近の好調な上げを反映し、MACD(2)のファストラインは下から上にスローラインをクロスして買いシグナルが出ている。そしてRSI(3)も、下降するトレンドラインを突破して、これも買いシグナルを発している。

一番上に入れた、アキュムレーション/ディストリビューションも見てほしい。これは、株が買い集められているのか、それとも反対に売られているかを判断するために使われる指標だ。極めて強い状態にはまだ戻っていないが、アキュムレーション/ディストリビューションは20日平滑移動平均線をクロスして(4)、買い手が優勢になってきたことが示されている。

それから、これはブラジル株ではないが、チャートを見ているときにNYにも上場されている野村ホールディングスが面白そうだと思った。下が日足チャートだ。




50日平滑移動平均線(1)はまだ下降しているから、中期的なトレンドは下げ方向だ。しかし、MACD(2)見てみると、わずかだがファストラインがスローラインをクロスして買いシグナルが出ている。それに、今まで50がレジスタンスになっていたRSI(3)も、この50レベルをブレイクできそうな様相だ。更に、アキュムレーション/ディストリビューションも移動平均線に接触し(4)、そろそろ買いシグナルが発せられそうだ。

買い集めの兆しが見える銀

チャートで振り返る今週の米国株式市場

イメージ
繰り返しになりますが、月曜は「戦没者追悼記念日」でアメリカは連休です。さっそく今週末から夏休みになる人たちもいますから、今日は午後から高速道路や空港は、かなり混雑することでしょう。

では、今週のマーケットの様子を見てみましょう。先ず、S&P500指数の日足チャートです。




今回も、上昇する100日移動平均線(1)が支えになりました。三本連続の陽線が形成され、金曜のローソク足は、チャンネル上限(2)の直ぐ下で終了です。もし上放れということになると、MACD(3)はクロスして買いシグナル、そしてRSIも下降するトレンドライン(4)を突破して買いシグナルが発せられます。




悪い悪いと言われる米国住宅市場ですが、住宅建築銘柄は好調です。上のチャートは、住宅建築銘柄を中心に投資している上場投信、SPDR S&P Homebuilders (XHB)の日足です。

1は100日移動平均線です。3日連続の上げとなり、金曜、株価は下降するチャンネル(2)からブレイクアウトです。MACD(3)はまだクロスしていませんが、RSIはトレンドライン(4)を突破して買いシグナルが出ています。もちろん、MACDやRSIを使わなくても、ローソク足のチャンネルからのブレイクアウト(2)を見て、この株を買うことができます。売買シグナルを得るために、MACDやRSIを利用する人もいますが、RSIやMACDはダイバージェンスを発見するのに役立ちます。


小型株にも買いが入りました。下の日足チャートは、小型株指数に連動する上場投信iShares Russell 2000 Index (IWM)です。




株価はチャンネルから上放れ(2)、それにMACD(3)、RSI(4)からも買いシグナルが出ています。ということで、来週は小型株に注目です。




新興市場も注目です。上は新興市場専門のETF、iShares MSCI Emerging Markets Index (EEM)の日足チャートです。100日移動平均線、そして下降するトレンドライン(1)を決定的にブレイクしています。MACD(2)、RSI(3)からも買いシグナルが出ています。

最後にドル指数に連動するETFの日足チャートを見てみましょう。




50日移動平均線(1)の下へまた戻り、金曜の取引は上昇する20日移動平均線(2)付近で終了です。MACDの2…

また減った強気論者

イメージ
30日(月)はメモリアル・デー、米国は連休だ。そして、このメモリアル・デーを境に、いよいよ夏休みが始まる。多くの人たちが休暇を取り、出来高も減りやすい季節だが、今年の夏はどんなマーケットが展開されるのだろうか。BESPOKEインベストメント・グループは、こんなことを書いている。

S&P500指数は、最近の高値から3%ほど下げているだけだが、AAIIから発表された数字は対照的な内容だ。最新のデータによれば、マーケットに対して強気な見方をしていると答えた人の数は前回の26.7%から25.6%に減り、2010年8月以来最低のレベルに落ち込んだ。もしあなたが逆張りをモットーにしているなら、今こそ強気に買いを考えなくてはいけない。

警戒論者が増えていることについて、sentimentrader.comは、こんなことを指摘している。

マーケットは圧倒的に悲観論に包まれているという事は言えないが、今まで強気論を唱えていた人たちが、ここに来て迷い始めている。口座を守るために買われたプット・オプションの数は10ヶ月ぶりの高出来高を記録し、投機要素の強い低価格の株は避けられ、資金は一般的に言われている安全な株に向かっている。 そして今日、株式市場の下げを予想するニュースレターの数が、ここ25年間で最高の水準に達した。現在37%を超えるニュースレターが下げを予測しているが、1985年以来、37%を超えたことは5回あった。もちろん、回数が少ないから重要度は低くなるが、5回とも3ヶ月後のマーケット(S&P500指数)は上昇している。(平均の上げ幅は11.3%)

(情報源: Running of the Bulls...Into Hibernation
Newsletter Writers Looking For A Correction Surge To Nearly A 25-Year High

エネルギー・セクター、この買いシグナルは本物??

イメージ

躍起になって買い材料探し

イメージ
T: 「モリコープの買い推薦記事を書いていただきたいのですが。」

K: 「モリコープ??」

T: 「あのレアアースの会社ですよ。尖閣諸島の一件で有名になった会社です。」

K: 「記事を書くのは構いませんが、予想以下の決算を発表して、最近下げてますね。」

T: 「下げているなら好都合じゃないですか。割安な株価で買うチャンスです!予想以下の決算だったと言われますが、売上はこの1年間で770%も伸びているのですよ。それに1キロあたりの販売価格は34ドルから約38ドルに上がっています。一年前は7ドル13セントでしたから、この販売価格の上昇は、利益の向上に結びつく筈ですよね。」

K: 「詳しいですね。あなたが記事を書いた方が良さそうだ。。。」

T: 「何を言ってるのですか。専門家はそちらです。とにかく今週末までに推奨記事をお願いします。」

K: 「専門家と言われても、私はテクニカル・アナリシスが中心なので、ファンダメンタル的な話にはあまり詳しくないのですよ。」

T: 「テクニカル?MACDとかRSIとかチャートの話ですか?」

K: 「簡単に言えばそうです。」

T: 「実は、私もチャートの勉強を少ししたことがあります。何でもいいですから、買いシグナルになるような指標をチャートに載せて記事をお願いします。」

前置きが長くなってしまったが、下がモリコープの日足チャートだ。




上昇する20日移動平均線がサポートになり、1の力強い陽線を見て買ったとしよう。確かに、その後上げが数日間展開されるが、結局20日移動平均線を割ってしまい、思惑が外れたわけだから2でいったん本来なら手仕舞うことになる。

しかし、ここで損切ることを拒否した人たちは、下に走る50日移動平均線がサポートになる筈だと考える。現に、3で分かるように一転反発を思わせるローソク足が形成されているから、そこで買い足した人もいたことだろう。

だが二日後は、頼みにしていた50日移動平均線を簡単に割ってしまう。もちろん、ここで損切るわけにはいかない。4を見てほしい。100日移動平均線が支えになり、株価は大きく反発している。おそらく今回も100日移動平均線がサポートになるだろうと判断し、5でまた買い足しだ。三度目の正直、今回はこの買いがうまくいくかもしれない。もちろん、またまた思惑が外れるかもしれない。

一旦株を買ってしまうと、明確な危…

トリプル・サポートをテストするS&P500指数

イメージ

同じチャートを見ているのに両極端な意見

イメージ

マーケットは天井の形成中? -- 記事の拾い読み

イメージ
・カール・スウェンリン氏(Decision Point)

どちらかといえばベアの傾向がある私だが、読者から「あなたは万年ブルですね」、と言われて驚いている。さてマーケットだが、現時点では、まだ売る時は来ていない。機械的に売買タイミングをつかむ方法として、私はS&P500指数のチャートに、20日と50日平滑移動平均線を入れている。実際にチャートを見ると分かるが、平滑移動平均線のクロスが起きるにはまだ時間がある。しかし他の指標を調べてみると、5月2日の高値が重要な天井であった可能性がある。

・リチャード・ロス氏(Auerbach Grayson)
予想される夏の修正相場を考えると、今ここで積極的に株を買うのではなく、やがてやって来る買い機会に備えて十分な現金を口座に蓄えておくことが大切だ。
・insidermonkey.com

米証券取引委員会の最近のデータによると、ジョージ・ソロス氏のヘッジファンドは744の銘柄を保有し(3月31日時点)、その総額は84億ドルにのぼる。特に目立つのは、SPDR S&P 500 ETF TR (S&P500指数に連動する上場投信)のプットオプションの枚数が338%も増えていることだ。(注:株価が下がると思う時プットオプションが買われ、その反対に株価が上がると思う時はコールオプションが買われる。)

・ジョーダン・ロイ・バーン氏(Trendsman.com)

ほとんどの専門家たちは、今回の銀の異常な上昇は、行き過ぎな投機が原因だったと説明している。上げ相場の終盤で、大衆が一斉にマーケットへ押し寄せることは確かに起きることだが、先物市場では空売りの買い戻しが急上昇の原因になることがあり、今回の銀に起きたことも同じだ。下のチャートを見てほしい。赤い二つの矢印で示したように、オープンインタレスト(建玉)と買いポジションが減少している中、銀価格は反対に上昇している。これは典型的な空売りの買い戻しパターンだ。


(情報源:POSSIBLE MARKET TOP

Short Covering not Speculative Buying Led to Silver’s Parabolic Rise

Rising dollar threatens stocks' gains

George Soros's Favorite Sto…

ドル、次の目標は半値戻し

イメージ

セックスアピールで投資家を集めろ!?

イメージ
決算の発表される日を調べようと思って、いつものようにearningswhispers.comにアクセスしたら、左側の方にこんな写真が載っていた。


株のサイトではなく、まるでアダルト・サイトのような雰囲気だが、女性の右側に書かれていることを訳すとこうなる。「私のことをセクシーだと思うなら、この株を見て!OBJE」 

OBJEというのが株のシンボルになり、会社の名前はObscene Jeans Corpだ。ジーンズの会社ということは直ぐに分かったが、Jeansの前に付いている単語Obsceneが気になる。Obsceneには節度を欠いた、ひわいな、みだらなという意味があるから、どうやらこの会社は「ひわいなジーンズ」を作っているようだ。

下記がObscene Jeans Corpのホームページだ。

http://www.obscenejeans.com/

GALLERYをクリックすると、Obsceneなジーンズを実際に見ることができる。

ジーンズを買う買わないは別として、投資家たちは、この株を買うだろうか?ヤフー・ファイナンスを見てみた。




黄色で印を付けた部分に注目してほしい。OTC BB(店頭市場)と記されているから、これはまだニューヨーク証券取引所やナスダックで取引されていない株だ。

5月10日、ジェーソン・ゲップハート氏(sentimentrader.com)は、OTC BB(店頭市場)についてこんなことを書いている。

一般的に言えることは、主要証券取引所に上場するための最低必要条件が揃っていない会社の株がOTC BB(店頭市場)で取引されている。言い換えれば、OTC BB銘柄は投機性が高いということだ。ここ数カ月間にわたり、株式市場は好調な展開になっているが、OTC BB(店頭市場)に参加する投資家数は減少が続いている。最近の報告によれば、4月のOTC BB(店頭市場)の出来高は、ここ8年間で最低の出来高だった。マーケットが過熱状態の時はOTC BB(店頭市場)の出来高も大きく膨らむ。しかし、現時点では行き過ぎな投機を見ることはできない。これは株式市場には好材料の一つだ。
ファンドマネージャーがOTC BB銘柄を買うことはまず無い。OTC BB(店頭市場)の人気が低下しているということは、要するに個人投資家がこの市場から逃げているということだ。これは何を意味するのだろう…

銀を買う理由、買わない理由

イメージ

なぜジョージ・ソロス氏は金専門の上場投信を売ったのだろう?

イメージ
ジョージ・ソロス氏が金を売っていた、ということは既に何度も報道されているが、数字を実際に見てみると驚いてしまう。ウォールストリート・ジャーナルによると、氏のファンドが保有するSPDR Gold Trust(金専門の上場投信)は470万株減って、残りは49400株のみとなっている(3月31日時点)。正に、持ち株を全て売ってしまったという状態だが、私たち個人投資家も金を手放すべきだろうか?zerohedge.comは、こう書いている。

ソロス氏がSPDR Gold Trustを売ったということは、多数の報道機関に取り上げられた。ソロス氏に近い人の話によれば、ソロス氏がそもそも金に投資した理由はデフレ対策のためだったという。ソロス氏はSPDR Gold Trustを現に手放したわけだから、これからはデフレではなくインフレの方が心配になるということになる。もしそうであるなら、この段階で金専門の上場投信を売ってしまうという行動が解せない。更に氏は、ユーロとドルの将来にも大きな疑問を感じている。しかしSPDR Gold Trustを売ってしまった。もちろん、金の上場投信を売ったのはソロス氏だけではなく、デービッド・アインホーン氏(ヘッジファンド・マネージャー)の前例がある。しかしアインホーン氏は上場投信を売った後、その売った資金で金の現物を買ったから、ひょっとするとソロス氏も同様な事をするつもりかもしれない。実際の金塊に投資するなら、わざわざ米証券取引委員会に報告する必要は無いから、ソロス氏は投資家たちに気付かれずに金塊を集めることができる。
デービッド・アインホーン氏が、なぜSPDR Gold Trustを売って金の現物に乗り換えたかを調べてみると、理由の一つとしてアインホーン氏はこんなことを書いていた。

徹底的に調査した結果、SPDR Gold Trustを売って、金の現物に乗り換えることを決めた。金の現物には保管料が必要になるが、現在SPDR Gold Trustに払っている手数料と比較すると、金の現物を買った方がコストが割安になる。
なるほど、言うまでもなく推測だが、同じことがソロス氏にもあてはまるような気がする。





(情報源: Soros Sells Gold ETF While Paulson Buys 

Soros Fund Cuts Gold

Einhorn Sells…

米国株式市場 -- 嫌な雰囲気になってきました

弱い金融銘柄、重要なサポートに迫る金鉱株

イメージ

ドルは3年周期の安値をつけた??

イメージ
・ルイーズ・ヤマダ氏(Technical Research Advisors)

銀について: 投機バブルが弾け一転急落という展開になっているが、長期的に見た場合、銀は30年に及ぶ保合いから脱したばかりだ。今回の下げは厳しいものだけに、次の上昇を始める前に、銀は数週間、数ヶ月におよぶ横ばい期間が必要だ。 金について: 予想していた1オンス1500ドルが達成され、しばらく休憩が必要だ。もちろん2000ドルが次の目標になるが、70年代までさかのぼってチャンネル・ラインを引いてみると、1オンス5200ドルという数字が出てくる。


・棒上げ、そして暴落となった銀に関する記事(MarketWatch)

米商品先物取引委員会(CFTC)のデータによれば、賢い資金と呼ばれるファンド・マネージャーたちは、銀の熱狂的な上昇が始まった2月頃から資金を銀へ投入することに消極的になった。MFグローバルのアナリスト、トム・パウリッキ氏は、「この上げ相場で積極的に買っていたのは個人投資家たちだ」、と語っている。
・棒上げ、そして暴落となった銀に関する記事 その2(MarketWatch)

証拠金の引き上げで銀は急落となったが、これは銀に投資をしている上場投信iShares Silver Trustを劇的に下落させる結果となった。今年の最初の4ヶ月間で、この上場投信は59%の上昇を達成したが、5月に入ってからは20%の下げだ。
・トビー・コナー氏(Gold Scents)

私にはドルは更に安くなるという偏見があるが、3年周期の安値をドルは先週記録したと思う。とにかく、ドルに対する弱気論者の数は、ここ数年来見たことのない数値に達していたが、水曜、ドル指数は50日移動平均線を超えた。もし私の見方が正しければ、株式市場は下落となり、CRB(商品市場指数)は大きく崩れ3年周期の安値へ向かうことになる。


(情報源: Margin hikes threaten your silver, gold, oil stake

Smart money left silver to tarnish retail buyers

Louise Yamada - $5,200 Gold is Long-Term Channel Target

TRANSITION COMPLETE

ドルは底を打った?それとも単なるデッド・キャット・バウンス?

イメージ
ドル指数が50日移動平均線を上回った、と話題になっている。




上が、5月11日のマーケット終了時点におけるドル指数の日足チャートだ。わずかだが、50日移動平均線を超えている。「ドルのダウントレンドは終わった」、という声が聞こえてくるが、ここでsentimentrader.comに掲載されているデータを見てみよう。



上の表には、ドルが50日移動平均線より下で4ヶ月以上推移した後、初めて50日移動平均線を突破した後の成績の中間値が示されている。

・ 1週間後の上昇率 ±0.0%  上昇する確率 50%

・ 1ヶ月後の上昇率 +0.3%  上昇する確率 56%

・ 3ヶ月後の上昇率 -1.1%  上昇する確率 31%

・ 6ヶ月後の上昇率 -3.8%  上昇する確率 44%

・ 1年後の上昇率  -5.4%  上昇する確率 38%

そして下は、条件を設定しないで、無作為に見た場合の成績だ。





・ 1週間後の上昇率 ±0.0%  上昇する確率 48%
・ 1ヶ月後の上昇率 -0.1%  上昇する確率 49%
・ 3ヶ月後の上昇率 -0.1%  上昇する確率 48%
・ 6ヶ月後の上昇率 -0.1%  上昇する確率 46%
・ 1年後の上昇率  -0.1%  上昇する確率 49%

ジェーソン・ゲップハート氏(sentimentrader.com)は、こう書いている。

短期的なら、ドルの成績は無作為に見た場合の成績より良い。正確に言えば、わずかに良い。しかし、3ヶ月後からの成績の悪化が顕著だ。
5月10日のレポートで、UBSのアナリストは、こういう見方を発表している。

ドルの重要な底打ちを裏付ける証拠が集まり始めている。超短期的見た場合、現在のドルはやや買われ過ぎだ。しかし、6月、7月にドルの更なる上昇が予想されることを考えると、これは株や商品に悪材料になる。
短期的に、わずかなドル高を示すsentimentrader.comのデータ、そして6月、7月のドル・ラリーを予想するUBSレポートを考慮すると、ここで特に商品へ積極的に投資することは難しい。




上は、商品市場に投資をしている上場投信の日足チャートだ。今のところサポートライン(4)に支えられているが、ここを割ってしまうと、長期トレンドを把握するために使われる、200日移動平均線付近(3)まで下げてしまう可能性がある。もちろん、ここから反発す…

注目のドルとエネルギー・セクター

イメージ

フォトジャーナリズム

米ミシシッピ川が記録的な増水となり、各地で洪水被害が起きています。

Mississippi River flooding (全33枚)

米国の自動車セールスマン事情

イメージ
(popularmechanics.comから抜粋)

質問: 車を一台売ると、どれくらいの手数料が手に入るのですか?

回答: 不動産のセールスマンのように、物件一つあたりの手数料は5%と思っている人が多いですが、そんなことはまったくありません。現に、4時間も客と交渉して得た手数料は100ドル、ということもあります。割の良い手数料は新車ではなく中古車です。

質問:どうやったら、うまくセールスマンと交渉できますか?

回答: 現金で全額払います、と言うことで有利に話し合いができると思っている人たちがいますが、そんなことはありません。事実は逆です。自動車ローンを利用して買ってくれる客の方が、セールスマンには良い手数料になるのです。

単に交渉するのではなく、まるで論争するような形で値段を交渉する客の方が安く車を買うことができます。しかし、その反対に感じの良い客も好条件で車を買うことができます。感じの良い客に対しては、セールスマンも協力的な姿勢になります。

質問: 車を買うのはいつが良いのでしょうか?

回答: 月に関係なく、買うなら月末です。手数料の計算は月末締めですから、目標値を達成するために、セールスマンは客の要求を普段以上に受け入れる可能性があります。

セールスマンが受け取る手数料のパーセンテージは、月に何台売るかで違ってきます。私の職場の場合は、月に8台までの売上の場合は、セールスマンに手数料が払い戻されるパーセンテージは22%です。9台から10台の場合は24%といった形で、売上台数が増えると、それにともなって手に入る手数料のパーセンテージも上がります。

質問: 客を騙したことはありますか?

回答: そういうことは起きることがあると思います。しかし、JDパワー社の顧客アンケート、それにyelp.comのようなサイトがありますから、疑わしい方法で車を売っているセールスマンはこの業界で長続きしません。

質問: 客の容姿はセールスマンの態度に影響しますか?

回答: 表紙で本を判断してはいけないということは、セールスマンなら誰もが経験することです。パッとしない服装だからといってその客を無視してはいけません。





(情報源: Confessions of a Car Salesman

ガソリンの値上がりは投機家の責任?

イメージ
タマネギが安い、と聞いてスーパーマーケットへさっそく出掛ける人は少ないと思うが、こういう記事を見つけた。

多くの農産物の値段が大幅に上昇したが、1ポンド(約450グラム)あたりのタマネギの値段は、去年の29.9セントから7.49セントに下がっている。豊作が値下がりの一原因になっていることは確かだが、他の農産物とは違い、タマネギは商品先物市場で取引されていない。
もしタマネギも、トウモロコシや小麦のように商品市場で取引されていれば、値段は下がるのではなく上昇しただろうか?タマネギが安いのは投機筋が不在だからだろうか?

同様な議論になるが、最近のガソリン高は投機家の責任だ、というものがある。エド・ウォレス氏(Bloomberg Businessweek)は、こう書いている。

悪いのは、商品市場で儲けようとする投機家、そして連銀だ。豊富な資金を保有する機関投機家(銀行、証券会社など)は、膨大な資金を原油の先物市場へ投入して、原油価格を人工的に釣り上げた。連銀のお陰で、機関投機家たちは超低金利で借りた金を使って、高利益な原油、金、銀などを徹底的に買うわけだ。
ハワード・ゴールド氏は、marketwatch.comのコラムでこう述べている。

投機がガソリン価格を上昇させていることは明確だ。連銀による量的緩和策、追加量的緩和策はドル安を更に進め、結果的にはこれが投機を助長させることになってしまった。では、どうしたらガソリン価格は下がるだろうか?需要の大幅減少という要素を抜きで考えた場合、ガソリン価格が下落するためにはドル高が必要だ。
話をタマネギに戻そう。1940年代、アメリカにはタマネギの先物市場があった。しかし1955年、タマネギ市場は2人のトレーダーによる買い占めが原因となって、オランダで起きたチューリップバブルのような状態になってしまった。多くの農業従事者たちもタマネギ投機に夢中になり、タマネギ・バブルの崩壊で、多くの人々が資産を失った。という訳で政府が乗り出して、タマネギの先物市場を廃止してしまった。

2008年6月の古い記事になるが、CNNは、こんなことを報道していた。

タマネギの先物市場は無い。乱高下するタメネギ価格が語っていることは、学者たちが言う、「先物市場は商品価格の極端な動きを避けることができる」、とういう理論の正当性だ。2006年以来、原油価格は100%の上昇…

菅首相、浜岡原発の運転停止要請 -- 注目のウラン銘柄

イメージ

大きく売られた商品市場 --- 迫るアップトレンドライン

イメージ
(情報源: A hard-hit asset class

ニュースとテクニカルの一致

イメージ
広瀬隆雄氏も書かれているように、金曜はシュピーゲル誌が報道した、ギリシャがEUを脱退するのではということが話題になった。時間に直すとNYの11時過ぎになる。チャートを見てみよう。




S&P500指数の5分足チャートだ。先ず長い陽線(1)で分かるように、マーケットは強い寄付きとなった。そして、マーケットは11時過ぎにピークとなり(2)、さっそく下落が始まった。もう売られている、腑甲斐ないマーケットだ、と思った人も多かったことだろう。

こういう見方もある。




これは30分足チャートだ。テクニカル的に説明すれば、マーケットは11時過ぎに61.8%の値戻しレベルを突破することが出来ず失速、と言うことができる。

しかし、何となく気になったので、トレーダー達の集まるサイトを見てみると、このニュースが直ぐに見つかった。

European Bank Shares Slide On News Of Possible Greece Euro Exit

ギリシャ、ユーロ圏離脱し独自通貨を再導入する可能性示唆=独誌

なるほど、こういう話ならユーロが売られていることだろう、と思って早速チャートを見てみた。




ユーロに連動する上場投信の5分足だが、1で示したように、12時に目立つ長い陰線が形成されている。

興味深いのは、マーケット終了後に、こういうニュースがあった。

Greece denies report it's seeking to leave euro

ギリシャは、シュピーゲル誌の報道を否定している。もしこれが事実なら、11時過ぎにS&P500を空売った人たちは、さっそく買い戻してくるのではないだろうか。下はS&P500指数の日足チャートだ。




ローソク足は長い上ヒゲ(1)が目立ち、言うまでもなく弱い引け方だが、今のところ上昇する20日移動平均線(2)に支えられている。出来高(3)を見てほしい。増えているわけではなく逆に減っているわけだから、金曜の売りは徹底した売りではない。そして、ストキャスティクス(4)は売られ過ぎレベルに入り、ここで空売るのは難しい。ということで下げが続いていただけに、月曜は反発ラリーに期待したい。


(情報源: ギリシャEU脱退説を伝える独シュピーゲル誌

European Bank Shares Slide On News Of Possible…

銀 --- 200日移動平均線に達したら買おう??

イメージ

商品市場は血の海

イメージ
とにかく惨憺たる状態だ。言葉で説明する前に、先ず下のチャートを見てほしい。




銀の動きに連動する上場投信の日足チャートだ。4月28日の高値は48ドル35セント、そして今日の終値は33ドル72セントだから、この5日間で何と30%も下げている。注目したいのは、狼狽売りを顕著に示す超膨大な出来高だ。木曜の出来高は、ほぼ3億株を記録し、これは通常の出来高の約6倍に相当する。

木曜の取引で叩かれたのは銀だけではない。

・金 マイナス2.24%

・原油 マイナス8.64%

・天然ガス マイナス6.90%

・トウモロコシ マイナス2.84%

・大豆 マイナス2.37%

正に、商品市場に売りが殺到したわけだが、下は商品市場の指数CRBインデックスの日足チャートだ。




大陰線、たった一日で4.9%も下げている。とにかく狂ったような下げ方だけに、プロたちもさすがにに驚いている。PFG Bestのトレーダー、ダニエル・フリン氏はこう語っている。「まるで商品バブルが弾けたようだ。弾けるのは時間の問題だ、と誰もが思っていたが、まさかこんな恐ろしい速度で下落することを誰が予想しただろうか。」

特に原油相場について、Country Hedging Incのアナリスト、スターリング・スミス氏はこう述べている。「長期的な上げサイクルに変化は無い。しかし弱さが見える最近の経済データを考慮すると、現在展開されている一時的な下げは数カ月間に及ぶ可能性がある。」

弱さが見える経済データということだが、注目は明日金曜(6日)に発表される米雇用統計(4月分)だ。場合によっては、商品が更に売られる可能性もあるが、明日の結果を見る前に今日売った人も多数いたと思われるから、こればかりは明日になってみないと分からない。

話を暴落状態の銀に戻そう。下はkingworldnews.comからの抜粋だ。

3日から5日間で銀は15ドルの下落となる、というベン・デイビーズ氏(Hinde Capital最高経営責任者)の言葉が実現した。銀は底を打ったのだろうか?さっそく氏に質問してみた。「当社の姿勢だが、既に銀に対する全てのヘッジをカバーし、銀の現物を買い始めた。銀のブルマーケットを振り返ってみると、今回展開された30%を超す下げは、史上最も速い下げスピードだ。もしあなたが現物の銀投資家なら、今は銀を買うべき時だ。もちろん、落下するナ…

魚専門の上場投信が市場にデビュー

今日も大きく売られた銀 --- 重要なレベルのテスト中

ビンラディンにトドメ --- 大きく売られた銀

イメージ
ビンラディンが、ついに殺害された。素直に喜ぶ人もいるが、アメリカ同時多発テロ事件から既に10年の時が流れ、やっとケリがついたという感じがする。こんなことを思ってしまうのは素人だからだろうが、もっと早急に止めを刺していれば、さすがアメリカだという賞賛が聞かれたような気がする。

話をマーケットに戻そう。下はS&P500指数の15分足チャートだ。



ビンラディン殺害のニュースを受け、1で分かるように、マーケットは窓を開けて好調なスタートを切った。しかし買いは続かず、マーケットは11時前にピークとなり、結局ほぼ安値引けという形になってしまった。

崩れが特に目立ったのは銀だ。




終値は43ドル75セント、8.61%の大幅下落だ。上の日足チャートに顕著だが、特大陰線が形成されている。しかし、何故こうも派手に下げたのだろうか?冗談まじりに、トレーダーたちはこんなことを語っている。「ビンラディンが殺され世界が少し平和になった。不安材料が一つ減ったわけだから、いざという時の投資である金や銀が売られたわけだ。」

もう一度、上の銀の日足チャートを見てほしい。たしかに嫌な陰線が出来上がってしまったが、今のところ上昇する20日移動平均線に支えられている。上のチャートには入れてないが、たとえこの移動平均線を割ってしまったとしても、38ドル付近には次のサポートになる可能性がある50日移動平均線が走っている。

リットホルツ氏(ritholtz.com)も述べていたが、ビンラディンが死んだからといって、今直ぐに米国経済が変わることはない。強いドルが戻り、インフレ懸念も完全に無くなってしまうなら話は別だが、銀の下げは良い押し目買いのチャンスになるような気がする。

不公平にならないように、銀に対する弱気論も記しておこう。長い上ヒゲ(A)が日足チャートに出来た翌日(4月26日)、UBSはこんな見方を発表している。

銀価格は、瞬時史上最高の1オンス49ドル80セントを記録し、金/銀レシオは31倍になった。銀の工業的需要という背景もあるが、銀価格をここまで大幅に上昇させたのは、銀の金融商品としての需要の大きな伸びだ。短期的に銀価格が更に上昇することは考えられるが、この高レベルを長期維持するのは不可能であり、向こう12ヶ月間で銀は1オンス34ドルまで下げそうだ。

(情報源:Bin Laden’s (Long…

好調な金、しかし金鉱銘柄は高値更新がまだ

イメージ

フォトジャーナリズム

米国南部を襲った竜巻の被害の模様です。

全く言う言葉がありません。

Tornadoes kill over 200 (全23枚)