投稿

4月, 2011の投稿を表示しています

金を買う理由 --- 週末のコメントから

イメージ
・ 多くの人たちは、行き過ぎな量的緩和策、不安定な国際情勢が金に投資する主な理由だと思っている。しかしバフェット氏の右腕であるチャーリー・マンガー氏は、こう述べている。「もし、あなたが政府に殺されると思うなら金を買いなさい。」 --- ジョー・ワイセンタル氏(businessinsider.com)

・ CNNマネーのオンライン意見調査:

質問:上昇するガソリン価格は、あなたにどんな影響を与えていますか? 回答: 通勤方法を変えた  3% 旅行の計画を変更した  30% 通勤方法を変え、更に旅行の計画を変更した  37% 今のところ影響は無い  30% 総回答数:21364(土曜現在)
・ こんな決算発表がされるだろう、と予想に基づいた株の売買は、単に資金を失うだけだ。 --- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)




・ 金が大きく買われている原因の一つは下降の続くドルだ。とにかく投資家たちは心配している。極めて低い米国の金利、それに膨大な連邦政府が抱える赤字を考えれば、資金は金に避難するしかない。 --- デービッド・ウィス氏(スタンダード&プアーズ)





(情報源:Stocks finish April sharply higher


Buy Gold If You Think Your Country Is Going To Kill You

High gas prices have led me to change my...

盛大な結婚式 -- 英株専門上場投信も好調

イメージ

思ったほど強気でない米国の株投資家たち

イメージ
オレンジ色の線は、好調なマーケットの様子を示すS&P500指数だ。もう一つの青い線、2010年12月にピークとなり下降しているのは、株に対して強気な見方をしている個人投資家のパーセンテージが示されている。マーケットが上昇しているにもかかわらず、強気論者の数が減っているという現象が起きているわけだが、更にこんなデータがある。



上のグラフに示されているのは、株に投資をしている米国人のパーセンテージだ。(1999年から2011年の4月が比較されている。) 見てのとおり、今年4月に株や株専門のミューチュアル・ファンドに投資していると回答した人の数は、1999年以来最低のレベルに落ち込んでいる。

では、アメリカ人たちは、何が最高な長期投資だと思っているのだろうか?



低迷が続く米国住宅市場だが、回答数が最も多かったのは33%の不動産だ。第2位と3位は24%の株と預金口座、そして4位は12%の国債などの債券だ。



上のチャートは、S&Pケース・シラー住宅価格指数だ。下げの速度は以前ほどではないが、相変わらず冴えない状態が続いている。しかしアメリカ人たちは、こんな状況でも、三分の一の人たちは不動産が最高の長期投資と信じている。言い換えれば、ここまで住宅価格は下げたのだから、そろそろ上昇が始まってもおかしくないと思っている人が多いようだ。もちろん、不動産=富という公式は、アメリカ人の潜在意識の中に刻み込まれている、と考えることもできる。

さて株に話を戻すが、2年前の暗い状況で強気論を発表したヘッジファンド・マネージャー、ジェフ・マシューズ氏は、最近こんな警戒論を述べている。「どの企業も言うことはコストの上昇だ。上がっているのは原油だけではない。例をあげれば、先日決算を発表したフォードだ。記録的な内容だったが、株価に大した影響を与えることはなかった。なぜだろうか?問題は、フォードが40億ドルの経営コスト上昇予想を発表したためだ。更にプロクター・アンド・ギャンブル、キンバリークラークもコスト上昇を指摘し、将来的な企業利益減少が懸念される。」


(情報源:In U.S., 54% Have Stock Market Investments, Lowest Since 1999

Home Prices Edge Closer to 2009 Lows

Why Jeff Matth…

リバース・ダイバージェンスも利用しよう --- 買いパターンの例

イメージ

歴史は繰り返す、それとも今年は別??

イメージ
4月も終わりに迫っている。毎年この時期になると言われることは、5月に株を売ってマーケットを離れることを勧める、Sell in May and go awayという諺だ。データによれば、1945年以来S&P500指数の11月から4月までの平均上昇率は6.8%あるが、5月から10月までの平均伸び率は1.3%しかない。

United-ICAP社のチーフ・ストラテジスト、ウォルター・ジマーマン氏は、こう語っている。「この季節的な打撃は、株式市場が持つ内的要素であり、外部からの刺激を必要としない。Sell in May and go awayの実績はずば抜けたものであるだけに、私はわざわざこの諺に逆らうつもりはない。」 という訳で、ジマーマン氏は、夏の間は現金、またはほぼ現金に等しい3ヶ月、6ヶ月といった短期国債を勧めている。

夏のマーケットが低迷するのは、株式市場が持つ習性だ、と言ってしまえばそれまでだが、当然のことながら既に心配材料は存在する。中東問題、ヨーロッパ情勢、そして特に最近米国の消費者を困らせているのが上昇の続くガソリンと食品価格だ。更に、追加量的緩和策(QE2)が6月に終了するが、これは現在のマーケットにまだ織り込まれていないという意見も聞かれる。

もう一つの心配材料として、ジェフ・クラーク氏(growthstockwire.com)は、ボラティリティ指数をあげている。この指数には「恐怖指数」という異名があり、投資家が安心している時は低い数値となり、反対にマーケットを恐れている時は高いレベルに上昇する。

下は去年2010年の様子だ。




1、2の円内で分かるように、ボラティリティ指数が去年、ボリンジャーバンドの下限を割って終了したことが2度あった。この現象が起きた後、矢印の方向が示すように、S&P500指数は下げに転じている。下は、今年2011年のボラティリティ指数の動きだ。




先ず去年と同様に、1月(1)、ボラティリティ指数はボリンジャーバンドの下限を割った。しかし見ての通り、S&P500指数に大きな下げは起きなかった。そしてこれも2010年と同様に、4月(2)、ボラティリティ指数は、ボリンジャーバンドの下限を割った。さて、今回はどうなるだろうか?これからマーケットの下げがやって来るのだろうか、それとも1月の時のように心配する必要は無いの…

2016年、中国経済は米国経済を追い越す??

イメージ

プット/コール・レシオ --- 判断に迷う投資家たち

イメージ
(情報源:http://www.sentimentrader.com/)

上司が聞きたくないこと

イメージ
皆さんが職場で一番気をつかうことは何だろうか?お客様に丁寧な態度で接する、間違いの無い正確な仕事をする、と色々な回答があると思うが、社内での人間関係も重要だ。言うまでもなく、同僚と協力することができない人は嫌な奴と見なされ、社内で孤独な存在になってしまう。

社内の人間関係で特に注意しなければいけないのは、上司との接し方だ。下手な事を言ってしまえば昇進に響くだけでなく、場合によっては行きたくない部署へ飛ばされてしまう。monster.comに、「上司の前で言うべきでない15の事」、というコラムがあるので、さっそく見てみることにしよう。
・この仕事をしている理由は給料だけです。 ・私には多額な借金があります。/私は破産しそうです。 ・もし、こんな事が起きたら仕事はやめます。(例: もしA社で職を得ることができれば、この会社をやめます。) ・昨夜は遊びすぎてしまったようです。 ・私の責任ではありません。 ・この仕事は退屈すぎます。 ・仕事が簡単すぎます。 ・彼とは絶対に一緒に仕事をしたくありません。 ・他に仕事があるので、それはできません。 ・◯◯さん(上司の名前)、インターネットやEメールが無い時代に、いったいどうやってこんな仕事をしたのですか? ・上司の前で溜め息、しかめっ面。 ・その仕事は、あなたがやってください。 ・この仕事は、いつもこうやっています。 ・彼女とデートしたいですか?(キューピット役を務めるのは危険。) ・すみません、うたた寝してしまいました。





(情報源:15 Things Not to Say to Your Boss

銀 -- 買われすぎは更に買われすぎになる好例

イメージ

金価格はまだ上がる --- 大衆が動き始めるのはこれから!?

イメージ
好調に上昇が続く金に関する、こんな話がある。1989年から調べてみると、金専門のフィデリティ・セレクト・ゴールド・ファンドが5月に上昇する確率は76%程あり、5月の平均上昇率は4.4%だ。


上のチャートの説明:

1989年の5月に、1000ドルの資金をフィデリティ・セレクト・ゴールド・ファンドに入れ、このファンドを5月だけ保有したとすると現在元手は2000ドルを少し超えている。

もちろん5月だけミューチュアル・ファンドに投資することは無理だから、それが可能な金専門の上場投信SPDR Gold Shares (GLD)を調べてみると、こういうデータが見つかった。過去6年間という短い期間になるが、5月の結果は3勝3敗、平均の上昇率は1.1%だ。勝率が高いのは11月の5勝1敗、平均上昇率は6.4%だ。

5月に金が上がるか下がるかは別として、まだ金を買える一つの理由として、ショーン・ブロドリック氏(Crisis Profit Hunter)は、こんなことをあげている。

一般のアメリカ人たちは、金と銀が大幅に上げているという事実をあまり知らない。しかし、人々はそろそろ目覚めることだろう。最近、金、銀、それに金貨などに関する広告が増えている。投資に全く関係ない、娯楽のサイトにも金の広告が載っている。

上のチャートはCPMグループからのものだ。矢印で分かるように、金が投資ポートフォリオを占める割合が上昇しているが、5%だった以前のレベルにはまだ程遠い状態だ。
現在、金の価格は1オンス1506ドル。ショーン・ブロドリック氏は、「皆が思っているよりも早く、金価格は2500ドルに達するだろう」、と述べている。


(情報源:MAY – A GOLDEN MONTH FOR GOLD?

Buy Gold and Silver Now … or Wish You Had

インテル --- 後講釈

イメージ

最高の株は、ほとんどの投資家に割高に見える -- ジェラルド・ローブ氏

イメージ
「戦いで勝利するための15のファンダメンタルズ」、というコラムを見つけた。戦いと言っても実際にドンパチやる戦争ではなく、あくまでも株投資の話だ。第1パラグラフを読んで直ぐに分かったことは、このコラムに集められた言葉は、「投資を生き抜くための戦い」(ジェラルド・ローブ著)からの抜粋だった。

ジェラルド・ローブ氏(1899-1974)はE.F.ハットンの共同設立者の一人であり、大投機家として知られただけでなく、株を買ったまま長期保有する投資方法の危険性を早くから説いていた。早速15のファンダメンタルズの中から、いくつか見てみよう。

・皆が知っていることは知る価値が無い。 ・ブルマーケットでは株は常に割高となり、ベアマーケットでは極端な割安となる。 ・最高の株は、ほとんどの投資家に割高に見える。 ・株は人間のように成長する。乳児期、成長期、成熟期、そして老齢期だ。投資家にとって大切なことは、株がどのステージにあるかを適切に把握することだ。 ・先ず試し買いをすること。買い足すのは、株価が思惑どおりに動いた時だけだ。 ・ニュースそのものがマーケットを動かすのではない。マーケットを動かすものは期待だ。 ・マーケットがどう動くだろうか、というあなたの予想に基づいたトレードをするのではなく、マーケットの波動に沿ったトレードをすることだ。 ・経験を重ね投資の腕が上がってきたら、沢山の銘柄に資金を分散するのではなく、集中投資を心がけたい。
(情報源: 15 Fundamentals To Win The Battle


一先ずサポートになった50%の値戻しレベル

イメージ

嫌われ気味な銀行株

イメージ
thestreet.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは今週の相場に、どんな姿勢で臨みますか?

回答:

・ 強気 49.35% (228票)

・ 弱気 33.11% (153票)

・ 中立 17.53% (81票)

どのセクターが買われると思いますか、という質問に対する回答で一番多かったのは金や銀などの貴金属(16.45% 76票)。その反対に、どのセクターが売られるかという質問では、銀行という回答が最も多かった(21.64% 100票)。

さて、この嫌われ気味な銀行株に関して、thestreet.comにはこんな記事が載っている。取り上げられているのは、シティバンクでお馴染みのシティグループなのだが、大手ファンド・マネージャーたちはシティグループ株を大きく買ったようだ。

モーニングスター社の2月末のデータによれば、コントラファンドは2240万株のシティグループ株を買い、この結果コントラファンドはシティグループ株の発行済み株式総数の0.57%を保有する。0.6%の発行済み株式総数を保有するフェアホルム・ファンドは、ポートフォリオの何と5.3%がシティグループ株で占められている。
シティグループの長期チャート(週足)を見てみよう。





1から5で分かるように安値が切り上がり、買い手がじょじょに積極的になっている様子が見える。言い換えれば、上昇三角形が形成されているわけだから、株価の上限突破(6)が買いシグナルだ。このチャートには入れてないが、5付近には多くの投資家が活用している200日移動平均線も走っているから、位置的には試し買いをしている人も多いことだろう。(注:シティグループの決算が18日に予定されている。)


(情報源:Citigroup Is a Buy, Biggest Fund Managers Say

POLL: Bull or Bear?

短いタイムフレームも利用しよう

イメージ
(情報源:Gas spike feeds inflation pain

移動平均線の傾きにも要注意

イメージ
冴えない結果だった。これがヘッドラインだ。「米バンカメ第1四半期は大幅減益、住宅差し押さえ問題響く」 というわけで、金融危機で受けたダメージから完全に回復するには、まだかなりの時間がかかりそうな雰囲気だ。

バンカメの日足チャートを見てみよう。




チャートは、FINVIZ.comから取ったものだが、見てのとおり自動的にトレンドラインやサポートラインが引かれている。既に11ドル付近にサポートラインが引かれ、こんな物を見てしまうと、これは11ドルまで下げそうだと思ってしまう。もちろん言い換えれば、11ドル付近には買い手が待っていることだろう。

パッとしないバンカメの決算を聞いた人たちは、こんなことを書き込んでいる。

・ 質問がある。もしバンカメがまた危機に陥ったら、私たちは再度この銀行を救済しなければならないのだろうか?(Aking0667さん)

・ これで小切手帳の値段は、一箱12ドル50セントから125ドルに値上がることだろう。もしオンラインで口座にアクセスしたい場合は、月々14ドル99セントのサービス料金が取られるようなことになるかもしれない。(dolemiteさん)

・ 利益は36%減ったということだが、経営陣に払った多額な給料やボーナスが、いったいどの程度影響したのだろうか?(AustinTXProgrammerさん)


もう一度バンカメの日足チャートを見てみよう。




入れた移動平均線は、長期トレンドを把握するために広く活用されている200日移動平均線だ。1、2、3で示したように、株価がこの移動平均線を上にクロスする度に買った人たちは、今のところまだ良い結果が出ていない。見てのとおり、移動平均線は、まだ下げが続いている。こんな時は、たとえ株価が上にクロスしたとしても、最終的に移動平均線の方向に引っ張られることがあるから注意が必要だ。


(情報源:Bank Of America Posts 36% Drop In Profits

米バンカメ第1四半期は大幅減益、住宅差し押さえ問題響く

銀はブレイクアウト、金は高値に挑戦中

イメージ

米国に上場されている日本株の結果

イメージ
木曜のマーケットが終了です。


Hitachi Ltd. (HIT): -0.74%

Nomura Holdings Inc. (NMR): -0.40%

Mizuho Financial Group, Inc. (MFG): +1.26%

Kubota Corporation (KUB): +0.88%

ORIX Corp. (IX): +1.08%

Kyocera Corp. (KYO): -0.38%

Advantest Corp. (ATE): +0.68%


Konami Corp. (KNM): +1.47%

Internet Initiative Japan Inc. (IIJI): +2.89%

Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc. (MTU): +1.28%

Nidec Corp. (NJ): +1.11%

Toyota Motor Corp. (TM): -0.14%

Panasonic Corporation (PC): +1.00%

Honda Motor Co., Ltd. (HMC): +0.54%

Sony Corporation (SNE): -0.20%

NTT DOCOMO, Inc. (DCM): -0.45%

Canon Inc. (CAJ): +1.88%



締め切りが先、それともブレイクアウトが先?

イメージ
米国は4月18日が確定申告の締め切りだ。ぐずぐずと先延ばしにしていた人たちも、いよいよ今週末、嫌々ながら申告書類の作成にとりかかることだろう。ただでさえ不愉快な税金だが、こういうデータを見つけた。

税金の高い国(パーセンテージは最高法定所得税率):

・ポルトガル 42%; ・スペイン  43%; ・イタリア  44.9%; ・カナダ  46.4%;

・オーストラリア  46.5%; ・ドイツ  47.5%; ・フランス  47.8%; 

・フィンランド  49.1%; ・オーストリア  50%(1年の半分は、お国のために働いているわけだ。); 

・日本  50%; ・デンマーク  51.6%; ・オランダ  52%; ・ベルギー  53.7%;

・スウェーデン  56.5%

自分で書類を作らない人は、だれかに頼むことになるが、確定申告書類作成サービス会社として有名なのがH&Rブロックだ。




オフィスはレストランの横、ショッピング・センターの中といった気軽に立ち寄れる場所にある。費用の方も割安だから、一般消費者にとって、H&Rブロックは利用しやすい会社のようだ。更に、オンラインでも書類を作成できるから、今週末は利用者が大きく増えるかもしれない。

株価の方は好調だ。日足チャートを見てみよう。




上昇する20日(1)、そして50日移動平均線(2)で分かるように、短期中期トレンドはアップトレンドだ。そして、長期トレンドを把握するために使われる200日移動平均線(3)も、最近上昇の兆しが見え始めている。ここ8日間ほど、20日移動平均線の上で足踏み状態が続き、ブレイクアウト専門の買い手たちは18ドル突破(4)の買いシグナルを待っていることだろう。


(情報源:The Most Heavily Taxed Countries In The World

また大きく売られた原油 、小売セクターはシッカリ

イメージ

C.C.C.Pを手仕舞え --- ゴールドマン・サックス

イメージ

航空業界は燃料危機に直面している --- 大手航空会社CEO

イメージ
money.cnn.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは今年の夏の旅行に、どれくらいの出費を予定していますか?

回答:

・ 1000ドル未満  27%

・ 1000ドルから5000ドル  33%

・ 5000ドルを超える  10%

・ 旅行の予定は無い  29%

総回答数: 5180


子ども頃の思い出の一つに海水浴がある。二泊三日だったか、三泊四日だったかは忘れてしまったが、家族揃っての旅行は楽しかった。そんなに遠いところへ行ったわけではないけれども、海岸の近くにあるバンガローに泊まるのが、本当に楽しみだった。

さて原油の上昇が続き、航空券の値段も、やはり上がってしまうのだろうか?金曜、こういう報道があった。

大手航空会社のバランスシートが、やっと安定し始めたばかりだというのに、ここに来て原油の急騰だ。アメリカン航空の最高経営責任者ジェラード・アーピー氏は、「航空業界は再度燃料危機に直面している。危機という言葉は、決して大袈裟な表現ではない」、と述べている。去年、航空業界はここ10年間で最高の利益を上げ、小さいながらも2%の利益幅があった。しかし、今年に入ってから原油は20%を超える上昇となり、当然の結果としてジェット燃料価格も上がる。言うまでもなくジェット燃料は、航空会社の経営コストの大きな部分を占める。アーピー氏が心配しているように、エネルギー価格の上昇は米国の経済回復に悪影響となり、個人消費を冷え込ませてしまう。アーピー氏を引用しよう。「私たちは、原油市場の状況に大きな不安を感じている。経済回復の失速は、航空業界に明らかにマイナス要素だ。」
下は航空会社株の指数Airline Indexの日足チャートだ。




円で囲ったが、50日移動平均線が上から下へ200日移動平均線をクロスして、「デッド・クロス/デス・クロス」が起きている。明らかに投資家たちも、航空会社の先行きに不安を感じている。


(情報源:American Airlines CEO: 'We're facing a fuel crisis'

反発を期待できそうなオイル・リファイナー

イメージ

予定していなかったデイトレード

イメージ

通勤費の節約 --- 会社側と相談してみよう

イメージ
「中古車を買わないで新車を買うべき6つの理由」というコラムを見つけた。新車の方が中古車より長持ちする、というのが第一の理由ではないかと予想したが、筆頭にあげられていたのは安全性だった。実際には、こう書かれている。

コンピューター・プロセッサーの驚くべき発展は技術革命を起こし、自動車産業も、いよいよこの新技術を車の安全性向上のために取り入れ始めた。
さて、車を通勤に使う人も多いが、最近のガソリン高を考えると、電車やバスを利用した方が割安かもしれない。もちろん、歩いて会社に行くことが可能なら、これが最も割安な通勤方法だ。実行できるできないは別として、moneycrashers.comに、通勤費を節約するための極端なアイデアが掲載されている。早速いくつか見てみよう。

・会社へ近い場所へ引っ越す。現在アパートを借りている人なら、会社に近いアパートを見つけることで通勤費を節約することができる。しかし、既に自宅を所有する人には現実的なアイデアではない。・今の仕事が嫌いなら、そんな仕事はやめて、本当にやりたい好きな仕事を自宅の近くで探してみる。・自宅で働く。会社側も年々高くなる交通費のことは承知している。もちろん会社にもよるが、週2日の在宅勤務を交渉してみるのも悪くない。・勤務時間を延長する。一日8時間、週5日の労働時間を、一日10時間、週4日勤務が可能か会社と相談してみる。・自転車で通勤する。もちろん通勤距離、天候などに左右される。・バスや電車を利用する。しかし、バスや電車も値上げをしているから、最終的には家計に影響を与えることになりそう。・もし車を通勤に使うことをやめる気が無い場合は、最も燃費の良い車に買い換える。あるいは、同僚と車の相乗りをしてガソリン代を割り勘にする。




(情報源:Should I Buy a New Car? 6 Reasons to Buy a New Car over a Used Car

10 Extreme Ideas to Cut the Cost of Commuting to Work

交換はお断り --- ある米国小売店の話

イメージ
「ソウ」というサスペンス・スリラー映画がある。カタカナで「ソウ」と書かれると何のことかよく分からないが、これは英単語のSawを日本語読みに変換したものだ。さて、このソウに関してこんな話がある。

数ヶ月前、デイブさんは近くのベスト・バイで、ソウ・シリーズの第4弾「ソウ4」(ブルーレイ・ディスク)を購入した。実際に映画を見ようとしたのは先月だ。問題は、「ソウ4」をブルーレイ・ディスク・プレーヤーに入れたが、テレビの画面には何も映らない。明らかに欠陥製品だ。まだ領収書もあるから、デイブさんはベスト・バイに行って映画を交換してもらうことにした。

しかし、店員は交換を拒否した。理由はこうだ。「確かに、この映画は不良製品だ。しかし、この欠陥製品を作ったのはライオンズゲート社だから、交換に関する問い合わせはライオンズゲート社にしてほしい。」 そういう理屈もあるかもしれないが、呆れてしまう話だ。

読者たちの書き込みを、いくつか見てみよう。

・領収書もあるのだから、返品期間内であるなら、ベスト・バイは映画を交換するべきだ。(Wepwawetさん)

・何という馬鹿らしい話だ。デイブさんはライオンズゲート社に問い合わせる必要などない。デイブさんから代金を取ったのはベスト・バイだ。(hillsさん)

・ブルーレイやDVDを買うなら、ベスト・バイではなくターゲットで買うことを勧める。ターゲットなら簡単に返品や交換に応じてくれる。(Spider Mannさん)

・支店長に話しても交換に応じない場合は、ベスト・バイの本社に事情を説明するべきだ。(shepdさん)

・領収書に書かれている会社名は何だろうか?ライオンズゲート社ではなくベスト・バイの筈だ。(Loiasさん)

・ディスクなど買わないことだ。インターネットには、無料で映画をダウンロードできるサイトが色々ある。(common_sense84さん)

・ベスト・バイの味方になるつもりはないが、デイブさんがブルーレイ・ディスクを買ったのは数ヶ月も前のことだ。ベスト・バイは何もする必要はないと思う。(skwiggerさん)






(情報源:Best Buy Manager: We Didn't Sell You A Defective Blu-Ray Disc, Lionsgate Did

NYに上場されている日本株の結果

イメージ
水曜のマーケットが終了です。


Hitachi Ltd. (HIT): -0.65%

Nomura Holdings Inc. (NMR): -2.24%

Mizuho Financial Group, Inc. (MFG): -0.96%

Kubota Corporation (KUB): -0.30%

ORIX Corp. (IX): -0.75%

Kyocera Corp. (KYO): -0.11%

Advantest Corp. (ATE): -0.56%


Konami Corp. (KNM): -0.11%

Internet Initiative Japan Inc. (IIJI): -2.70%

Mitsubishi UFJ Financial Group, Inc. (MTU): -2.66%

Nidec Corp. (NJ): +0.19%

Toyota Motor Corp. (TM): -0.32%

Panasonic Corporation (PC): -2.60%

Honda Motor Co., Ltd. (HMC): -1.55%

Sony Corporation (SNE): -1.77%

NTT DOCOMO, Inc. (DCM): +0.06%

Canon Inc. (CAJ): +0.30%


大きく買いを集めた金鉱株

イメージ

好調に上げるレアアース

イメージ

好調な小型株

イメージ
thestreet.comのオンライン意見調査:

質問: あなたは今週の相場に、どんな姿勢で臨みますか?

回答:

・ 強気: 62.11% 264票

・ 弱気: 24.0%  102票

・ 中立: 13.88%  59票


wallstcheatsheet.comには、最近の個人投資家たちのマーケットに対する姿勢が要約されている。

AAIIの3月の調査結果によれば、個人投資家たちのポートフォリオの61.4%は株と株専門のミューチュアル・ファンドで占められ、63.3%だった2月の数値から減少した。しかし、歴史的平均の60%を6ヶ月連続で上回っている。債券と債券専門ミューチュアル・ファンドがポートフォリオを占める割合は17.5%から20.6%に上昇し、2010年11月以来最高のレベルに達した。(歴史的平均値は15%)現金がポートフォリオを占める割合は、19.2%から18.0%に減少した。株の比重が減った理由として、マーケットに高ボラティリティが戻ったこと、債券市場が安定し始めたことなどが挙げられている。
大型株、小型株という大雑把な分け方でマーケットを見てみると、小型株に買いが集まっている様子が分かる。




上は、小型株指数ラッセル2000指数に連動する上場投信の日足チャートだ。抵抗線を突破して高値が更新されている。

下は、大型株指数S&P500指数に連動する上場投信の日足。




順調にラリーが展開されているが、まだレジスタンスレベルをブレイクしていない。明らかに、小型株に一歩先を行かれてしまった。


(情報源:POLL: Bull or Bear?

AAII Asset Allocation Survey

金のチャートとダイバージェンス

イメージ
金価格を上昇させる要素は色々あるが、現在特に注目すべき要素は4つある。①最近のリビアで分かるように、更に悪化する中東情勢。②いっそう高まるインフレ懸念。③需給関係のアンバランス。急速に増大する金需要。④下落が止まらないドル。--- ショーン・ブロドリック氏(Crisis Profit Hunter)
金に投資をしている上場投信の日足チャートを見てみよう。




あまり一目均衡表を使うことはないが、不思議なもので、上昇する基準線がサポートになっている様子がよく分かる。まるで、この基準線を意識して買った人たちがいたことを思わせる動きだ。ブロドリック氏が言うように、不安な中東情勢などがあるから、たとえ金が目先のレジスタンス(赤の水平線)を越えることができず利食われたとしても、下げたところが買いチャンスになることだろう。

さて、報道されていることやファンダメンタル要素を一切無視して、単にチャートと指標だけで見ると、現在の金にはこんな心配材料がある。




A、Bで起きたことが現在(1、2)展開されている可能性がある。よく聞く「ダイバージェンス」、という現象を見ることができる。

先ず、Aでは株価が上昇していたがRSIは上昇することなく、反対に下降(B)が始まり金が利食われる可能性があることが示されていた。最終的に金は売られ、150日移動平均線まで下げた。

そして現在、株価の方は一段高い株価を記録したが(1)、RSIの方は逆に下げている(2)。もちろん、今直ぐに下げるのではなく、前回のようにもう一段上げたところで利食われる可能性もある。私個人的には、また150日移動平均線に戻したところで買いたいと思っている。


(情報源:4 Forces Fueling Gold’s Next Move

キー・レベルに迫る半導体銘柄 --- その2

イメージ