投稿

3月, 2010の投稿を表示しています

ウォーレン・バフェット氏は国債より安全!?

イメージ
「本日でFRBが住宅ローン担保証券の購入プログラムを終了しますが、この後、誰が買い支えるのでしょうか?また住宅金利が上昇すると、米国債金利上昇になり、そうすると米国債の暴落になるんですよね?非常に恐いことです・・・。」 --- ringo1244さん(http://twitter.com/ringo1244
サンディエゴ・ステート大学教授、ダン・サイバー氏も、米国債価格が下がるという見方をしている。下記が主な理由だ。
・米国経済の回復に勢いが付きはじめている。
・米国の抱える赤字は更に深刻化し、米国が格下げになる可能性がある。(ガイトナー財務長官は、この可能性を否定している。)
・見え始めた高インフレの可能性。
・最近ドルが上昇しているが、基本的に変わらないドル安。
・やがて終了する低金利政策。
・高齢者の増加に伴い、政府のメディケア(公的医療保険制度)への支出が大幅増大する。
ということで、こられの問題に目新しいものは一つも無く、FRBが住宅ローン担保証券の購入プログラムを終了する前から存在していた。
債券王と呼ばれるビル・グロース氏も、国債には悲観的だ。先日のブルームバーグのインタビューで、氏は、こう語っている。「債券が良かった時期は、既に過去のものとなった。もし投資するなら、比較的赤字の少ないドイツまたはカナダの国債を対象にするべきだ。経済の回復、上昇する金利の可能性を考慮すれば、積極的に米国の国債を買うべきではない。」
しかし、マーケットのムードを見る限り、FRBの住宅ローン担保証券購入プログラムの終了を気にする人は少ない。本当に信じたのかどうかは分からないが、マーケットは16日にFRBから発表された、「購入プログラムをストップしても、経済回復に悪影響を与えることはない」、という声明を受け入れている。
更に、FRBが買っているということを口実にして、住宅ローン担保証券市場から遠のいていたファンドマネージャーたちが市場へ戻って来るだろう、と楽観視している投資家も多い。
マイク・ラーソン氏(moneyandmarkets.com)が、このような事を指摘していた。「ウォーレン・バフェット氏が指揮を取る、バークシャー・ハサウエィの社債利回りは0.89%(2012年2月が期限切れ)、そして同時期に満期となる米国債の利回りは0.93%だ。国債の格付けはAAA、そしてバークシャー・ハサウエィ…

マスコットは首だ!

イメージ
マクドナルドのマスコット、ロナルド・マクドナルドを廃止するべきだ、という声が上がっている。もう少し正確に言えば、ロナルド・マクドナルドの引退を求めているのは、「Corporate Accountability International(CAI)」という、企業の社会的責任を追及する団体だ。
ご存知の人も多いと思うが、アメリカでは、子どもの肥満が社会問題になっている。CAIによれば、ロナルド・マクドナルドは、子どもたちを高カロリーな食品に引き込む犯人だ。
consumerist.comに、こういうオンライン意見調査があった。
質問:ロナルド・マクドナルドは引退するべきだろうか?
回答:
・引退するべきだ。ロナルド・マクドナルドは子どもたちをファストフードに誘惑している。 28%
・引退する必要は無い。ロナルド・マクドナルドが象徴しているのは単にファストフードだけではない。 72%
総回答数:1293 (火曜時点)

仮にグループの圧力に屈し、ロナルド・マクドナルドが引退する羽目になったとしよう。次にマスコット職を失うのは誰だろうか?



彼女も失業するかもしれない。




コカコーラの白クマも失業者の仲間入りになるかもしれない。

ということで、健全な米国社会を形成するために、少しでも社会に悪影響を与えるマスコットには、どんどん引退して貰いましょう!!もしこれが実現すれば、米国は世界を代表する模範国家になることでしょう。万歳三唱!!!!!


(情報源:http://consumerist.com/2010/03/poll-should-ronald-mcdonald-retire.html
http://topics.jp.msn.com/life/column.aspx?articleid=255178

4月の相場はどうなる?

イメージ
下のデータは、Bespoke Investment Groupからのものです。


過去50年間の、ダウ指数の月別平均成績が示されています。
最も好調なのは、+1.94%の4月、そして次が+1.52%の12月です。来月も、ブル達の活躍が期待できそうな気配です。


(情報源:http://www.bespokeinvest.com/thinkbig/2010/3/29/april-flowers.html

デイトレードは最悪な職業!?

イメージ
一行目を読んだところで腹立たしくなった。「デイトレーダーたちは分かっていない」、と題されたコラムで、ヘンリー・ブロジェット氏は、いきなりこう書いている。
デイトレードは、最も馬鹿げた職業の一つだ。データによれば、5人に4人の割合でデイトレーダーは資金を失い、コンスタントに利益を上げているのは100人に一人だ。こんな有り様なのだから、デイトレードをするより、バーガーキングで働いた方がマシだ。
予期していたように、「デイトレードがそんなにバカらしいものなら、なぜウォール街はデイトレードをしているのですか?」、という批判含みの質問が来た。
皆さんが分かっていないのは、ウォール街のトレーダーは、給料を貰って他人の資金でデイトレードをしているということだ。ウォール街の平均的なトレーダーは、トレード資金の1%から3%相当を年俸として受け取ることができ、平均的なヘッジファンドのトレーダーは、年俸+20%のトレード利益を報酬として得ることができる。
自宅でトレードをする平均的なトレーダーは、自分の資金でトレードをし、全ての費用(手数料、税金、リサーチ、情報)を自己負担しなければならない。
ウォール街のトレーダーがプロのフットボール選手なら、自宅からトレードをするデイトレーダーは、大学のフットボール選手だ。もちろん、学生チームがプロチームに勝利することもあるが、それが起きる可能性は極めて低い。一つ言えることは、ウォール街は、学生チームの市場への参加を歓迎している。
どういうつもりで、ブロジェット氏はこんなことを書いたかは分からないが、「コンスタントに利益を上げているのは100人に一人だ」、というデータは意味の無い数字だと思う。
デイトレーダーとして独り立ちしたい、という夢は、プロ野球の選手になりたい、という夢に似ていると思う。高校野球、大学野球で活躍しても、プロ球団にスカウトされるという保証はない。たとえプロチームに入団できたとしても、一軍でプレイできるという保証も無い。
では、最初からプロ野球の選手になることなど夢見ないほうがマシだろうか?ブロジェット氏は、「現実は厳しいのだから、バカな夢を見ないで、今の会社で働き続けなさい」、と言っているような気がする。それともブロジェット氏は、デイトレードで簡単に成功できる、と思っている人が意外に多いことに呆れているのだろうか?


(情報源:http://www…

頼りはマリファナ??

11月2日、カリフォルニア州は、州民の投票によってマリファナを合法化するべきかを決定する。200億ドルの赤字を抱えるカリフォルニア州は、マリファナを合法化することで、約14億ドルの財源を得ることができる。
既に14年前、カリフォルニア州は医療用のマリファナを認めているが、合法化されると、21歳以上の人なら誰でも酒を買うようにマリファナを購入することができ、自由に自宅で栽培することも許される。
マリファナの使用は自宅などのプライベートな場所に限られ、公園などの公共の場、それに未成年の前での使用は許されない。
「歴史的な膨大な赤字を抱えるカリフォルニアを考慮すれば、マリファナを合法化することは、常識的に到達する結論だ。」 --- トム・アミアノ氏(カリフォルニア州議会議員)

「チーチ&チョン スモーキング作戦」、という古い映画を思い出した。カリフォルニアが目指すのは、州全体を、チーチ&チョン化することだったようだ。





(情報源:http://money.cnn.com/2010/03/25/news/economy/marijuana_legalization_tax/index.htm)

超お買い得!?

イメージ
日曜スペシャル。サブウェイのサンドイッチが2つで9ドル99セント!
いつもなら1つ5ドルだから2つで10ドル、超お買い得だ!!

しかし、日本のサブウェイの方が美味しそうですね、明らかに。




(情報源:http://consumerist.com/2010/03/go-to-subway-get-two-5-footlongs-for-only-999.html
http://www.subway.co.jp/

米国住宅市場

イメージ
(チャート:chartoftheday.com)
上は、過去40年間の、米国住宅中間価格の動きを示したものだ。90年代の後半から2005年にかけて、見ての通り、住宅価格は著しい上昇を展開した。
2005年がピークになり、現在の位置は頂点から35%ほど下にある。この大きな下落で、住宅価格は、70年代から90年代に形成されたレンジ内に戻ってしまった。


(情報源:http://www.chartoftheday.com/20100326.htm?T)

単なる事故、それとも攻撃?

イメージ
The Flyのブログのタイトルは、「第3次世界大戦が始まった」、というものだった。相変わらず大袈裟だな、と思いながら読んで分かったことは、北朝鮮が韓国の船を攻撃したらしいということだ。
さっそく「韓国」と「Korea」でツイッターで検索してみた。


たしかに事件が起きている。
そして下が毎日jpのヘッドラインと第一段落目。
韓国:海軍哨戒艇が爆発沈没 南北境界線付近
2010年3月27日 0時4分 更新:3月27日 0時58分
 【ソウル西脇真一】韓国国防省は26日午後9時45分ごろ、韓国が黄海上の軍事境界線と位置付ける北方限界線(NLL)付近の白※島(ペクリョンド)近海で訓練活動中の韓国海軍哨戒艇(1200トン級)が爆発を起こし、沈没したと発表した。爆発は哨戒艇の船尾で起きたとみられる。


(CNNから:事件の起きた場所)

日本の近海 での事件だけに、先ず、ドル/円の動きをチェックしてみた。


(15分足)
レンジ内での動きが続き、これと言った変化は無い。

CNNの掲示板を見てみた。
・ 北が攻撃したのなら戦争だ。韓国と米国に本当に度胸があるなら報復するべきだ。 (threeifbyairさん)
・ 爆発の原因は、橋を走行していたトヨタ車が加速したまま止まらなくなり、船に激突したらしい。(GoinJohnGaltさん)
・ 単なる事故だと思う。船は韓国製だろ?(Hamandcheeseさん)
・ この問題を穏便に解決するために、先日下院で可決された医療保険改革法案を、全ての北朝鮮の国民にも適用するべきだと思う。(Bat242さん)
・ 韓国人同士が喧嘩をしている。全ての責任は、あの太った一人の男のためだ。(pinkmonkeyさん)
・ 米国は口出しするべきではないと思う。これを機会に、北と南は全ての問題に決着をつけるべきだ。(easttoneさん)
・ 北朝鮮の首都にはキノコ雲が目撃されることだろう。(ranger978275さん)
・ こんなことで戦争が始まることは有り得ない。(Growlerさん)


(情報源:Report: South Korean navy ship sinks
韓国:海軍哨戒艇が爆発沈没 南北境界線付近

デッドクロスの中国株

イメージ
最近、中国株の大幅下落を予想する人たちが増えているようだ。ファンダメンタルズの話は抜きにして、テクニカル派の人たちの意見を、pragcap.comはこう要約している。
下は、上海総合指数のラインチャートだ。

三角形が形成されているが、テクニシャンたちは、下放れになる可能性が高いと言う。何故だろうか?


円内を見てほしい。50日移動平均線が、上から下へ200日移動平均線をクロスして、デッドクロスという売りシグナルが出ている。
そして下が、長期的に見たものだ。

もちろん、デッドクロスだからといって、持っている中国株を全て売る必要は無いが、少なくともここからの買いは控えた方が良さそうだ。


(情報源:http://pragcap.com/the-death-cross-in-china

フォトジャーナリズム

ハイチの大地震から70日が経過しました。
タイトルは「Haiti, 70 days later」です。
全40枚

相変わらず悲観的な米国消費者?

イメージ
(下記はhedgeyeblog.comからの抜粋)
自信を失うと、私たちは無気力になり、物事に取り組む意欲が無くなってしまう。しかし、時間の経過とともに自信は回復し、私たちは人間としていっそう成長する。
あれから1年の月日が流れた。徹底した連邦政府による救済資金の投入で、米国経済は回復が始まり、人々にも自信が戻ってきた。特に、株式市場の回復ぶりには目を見張るものがあり、去年の3月の安値からS&P500指数は74%の上昇、そしてナスダック総合指数は90%の上昇だ。
たった1年間で、私たちは極めて不安定な状態から、2010年は明るい年になるという希望的な見方ができるようになった。株式市場が語っていることは、消費者の米国経済に対する信頼感が大きく好転しているということだ。
しかし、統計には株式市場とは反対のことが示されている。ABCニュースの調べによれば、先週の消費者信頼感指数は、マイナス43からマイナス44に下がっている。更にブルームバーグの意見調査によれば、消費者たちは、ほぼ2対1の割合で、米国経済は悪化していると回答している。
悲観的な消費者だが、好調に上昇を展開する小売銘柄を見ると、消費者の言動には矛盾があるようだ。株式市場が好調なのは、企業の利益、そしてキャッシュフローが好転しているためだ。
今日の株式市場で、買い銘柄を選ぶことには、極めて慎重にならなければいけない。2009年の3月に比べれば、現状は明らかに良くなっている。しかし、世界的なマクロ要因が情勢を一転させ、状況を不安定なものに逆戻りさせてしまう可能性は十分にある。




(情報源:http://www.hedgeyeblog.com/2010/03/24/early-look-confidently-skeptical/

またまた危険信号が見え始めた米国住宅市場

イメージ
2月の米中古住宅販売件数は、予想されていた500万件(年率換算)を上回る502万件という結果だった。しかし実際には、これで3カ月連続の減少となり、去年の秋に見られた住宅市場の回復にブレーキがかかってしまった。早速こんなコメントが出ている。
・「今回のデータが示していることは、住宅購入者のために期間が延ばされた税額控除は、住宅市場の回復に大して役立っていないということだ。」 --- アナ・ピレティ氏(BNP Paribas)
・「住宅市場には第2の上昇波動が必要だ。ここ3カ月間の低迷は、ガソリン・タンクが空っぽになってしまったからなのだろうか?それとも、単なる休憩だろうか?もし第2の上昇波動が住宅市場に訪れない場合は、米国経済は二番底入れとなる可能性がある。」 --- ローレンス・ユン氏(全米不動産協会)
・「税額控除が延長されたにもかかわらず、中古住宅の需要が驚くほど少ない。1月のデータによれば、売りに出されている住宅を完売するには、7.8カ月の時間が必要だった。しかし今日、この数値は8.6カ月間に上昇し、住宅市場の回復に危険信号が灯った。」 --- pragcap.com
・「 季節的に住宅の在庫量が増えるのは当たり前だ、と言うアナリストもいる。しかし、全米不動産協会のローレンス・ユン氏は、こう語っている。『一般的に1月、2月の売上は強くなる傾向がある。この強い筈の時期に住宅在庫量が増えたことは、今後住宅価格が下落する可能性がある。』」 --- ダイアナ・オリック氏(CNBC)
・「ここ4週間から6週間を見てみると、中古住宅の在庫量が著しく増えている。こんな急激な増え方は、2007年以来見たことがない。単に抵当流れの物件が増えただけでは、ここまで在庫量は上昇しない。」 --- エリック・ランドリー氏(Morningstar)




(情報源:http://pragcap.com/thoughts-on-this-mornings-data-28
http://www.cnbc.com/id/36003528
http://www.marketwatch.com/story/existing-home-sales-fall-for-3rd-straight-month-2010-03-23

久しぶりにIPOの話題

イメージ
ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)によれば、MaxLinear(MXL)は、今年最もホットなIPOになる可能性がある。
MaxLinear(MXL)は、携帯電話でテレビを見るための半導体デザイナーとして知られ、カリフォルニア州に本拠地がある。発行株数は543万株が予定され、予想される公募価格は11ドルから13ドル。モルガン・スタンレーとドイツ銀行が主幹事役を務め、初取引は水曜(24日)になる見込みだ。
MaxLinear(MXL)の最も大きな顧客はパナソニック(全売上の23%を占める)、そしてソニー、カシオ、サムスン、デルなどの名前も顧客リストに見える。
人気IPOになることが予想されるが、「18ドル以上の値段なら買ってはいけない」、とクレーマー氏は付け加えている。




(情報源:http://www.cnbc.com/id/35983627

マクドナルドの話

イメージ
奥さんと一緒に、グラントさんはマクドナルドへ行った。上がレシートだ。
グラントさんが注文したのは、1のマクダブル。値段は1ドルだ。

マクダブル

奥さんが注文したのは、2のチーズバーガー。値段は1ドル10セント。


チーズバーガー
見てのとおり、マクダブルには2枚のビーフパティが有り、チーズバーガーには1枚のビーフパティしかない。しかし何故か、チーズバーガーの方が10セント高い。
皆さんなら、どちらを注文するだろうか?


(情報源:http://consumerist.com/2010/03/mcdonalds-paid-me-010-to-take-an-extra-beef-patty.html

トニー・サガミ氏「狙いは中国のハイテク株」

イメージ
アジア株を専門にするトニー・サガミ氏は、中国株に対して、いっそう強気になった感じがする。4分弱の動画を要約すると、「アメリカの大企業アプライド・マテリアルズが、最高技術責任者(CTO)をわざわざ中国へ赴任させるのだから、いかに中国が重要であるかが分かる。もし、あなたがハイテク銘柄に投資しているなら、中国を無視してはいけない」、ということになる。
注目銘柄として、サガミ氏は3つの個別銘柄と、一つの上場投信をあげている。

Taiwan Semiconductor Manufacturing Co. Ltd. (TSM) 日足
ほぼ平行に走る200日移動平均線をテスト中だ。(注:移動平均線は、単純平均ではなく指数移動平均。)




AsiaInfo Holdings Inc. (ASIA) 日足
更に下げが続いたとしても、ギャップゾーンがサポートになる可能性がある。




CDC Software Corporation (CDCS) 日足
出来高を大きく増大させた日の陽線(3月8日)の高値付近が、今のところサポートになっている。

上場投信は、Claymore/AlphaShares China Technology (CQQQ)が注目できるようだ。CQQQは33の代表的なハイテク銘柄に投資をし、Alibaba.com、Baidu、 Sina、 Sohuなどが含まれているという。


(情報源:http://www.uncommonwisdomdaily.com/follow-the-nerds-strike-it-rich-with-chinese-tech-stocks-5-9012

今日の雑学

イメージ
質問: ローマ法王が解雇されることは有り得るでしょうか?
回答: 法王が首になることはありません。
教会法には、法王の解雇に関する規定が一つも記されておらず、たとえ法王の健康(精神面も含む)がどんなに崩れても、法王を解雇することができません。教会法によれば、教会内において法王の権威が最高であり、法王に指図できる人は教会内には一人もいません。
法王は、法王職を辞任することはできます。もちろん、辞職届けは必要はありません。最後に法王が辞職したのは1415年、グレゴリーXII世だったそうです。




(情報源:http://bitsandpieces.us/2010/03/20/question-can-the-pope-be-fired/

斉藤さんのブログ

タイトルは「1981年の松田聖子」でした。
抜粋します。
今から振り返ると単なるバカですが、いまだに自分がクラブに行って平均年齢を上げていることを考えると、なかなかバカが直りにくいこともわかる。そして、この動画から伝わる活気が、遥か遠い過去になったことを痛感します。
もちろん、斉藤さんの言いたいことは「松田聖子」ではなく、高齢化が進む日本の社会です。ご一読ください。
ということで、私も松田聖子で行きたいと思います。
皆さん、良い週末をお過ごしください。


金曜のコメントから

イメージ
・ 「あまりにもアナリストたちは強気すぎる。13人の大手銀行のアナリストの中で、12月末時点のS&P500指数が、現在のレベルより低くなっていると予測するのは、クレディ・スイスのアンドリュー・ガースワイト氏だけだ。」 --- pragcap.com
・ 「私の計算によれば、世界には、まだ40兆ドルにのぼる資金が残っている。言い換えれば、世界のマネー・サプライは一年で2兆2500億ドル増えていることになり、この資金はどこかへ向かうことになる。上げ相場は、まだまだ続く。」 --- ディック・ボーブ氏(Rochdale Securities )

・ 「Intrade.comによれば、日曜に医療保険改革法案(オバマケア)が下院で可決される確率は80%だ。」 --- Bespoke Investment Group
・ 「医療保険改革法案は所得税を上昇させる」 --- APのヘッドライン
・ 「医療保険改革法案の可決が迫り、株や他の投資から途切れることの無い収入がある人たちは、おそらく胃がむかついていることだろう。」 --- ジェフ・コックス氏(CNBC.com)
CNBCに、こんな意見調査があった。
質問: あなたは、オバマ大統領の医療保険改革法案を支持しますか?
回答:
・ 支持する  26%
・ 支持しない  74%
総回答数: 20711 (金曜の午後時点)

・ 「ある読者が、こういうマイク・タイソンの言葉をおしえてくれた。『顔面にパンチを喰らうまでは、どんなボクサーにもゲーム・プランがある。』 正に、トレーダーも同様な事に直面する。計画どおりにトレードが進んでいる時は問題は無い。しかし、思わぬ反転に遭遇すると、あっと言う間に計画が無くなってしまう。更に、マイク・タイソンの言葉には、こんな意味もある。顔面にパンチを喰らった程度で無くなってしまうようなゲーム・プランは、最初から大したプランではなかったのだ。」 --- ブレット・スティンバーガー氏(「精神科医が見た投資心理学」の著者) 



マイク・タイソン

(情報源:http://pragcap.com/stat-of-the-day-93-of-analysts-expect-sp-to-rally-higher
http://www.cnbc.com/id/35948289
http://www.bespokeinvest.com/

著名投資家ロック・シンガーに変身

「もし医療保険改革法案が今週末の下院で可決になれば、株式市場は風邪をひくことになるだろう。投資家たちは、優良高配当銘柄でポートフォリオを固めて、予想されるマーケット下落に備えることが必要だ。」 --- ジム・クレーマー氏(マッド・マネー)
ある程度大きな下げをクレーマー氏は予想しているようだが、下記が氏の推奨する高配当銘柄だ。(数字は配当利回り)
・BP plc (BP): 5.8%
・ EI DuPont de Nemours & Co. (DD): 4.4%
・Kinder Morgan Energy Partners LP (KMP): 6.5%
・Verizon Communications Inc. (VZ) : 6.3%
・Eli Lilly & Co. (LLY): 5.4%

さて、著名投資家ウォーレン・バフェット氏が、ロック・シンガーとして登場した。下が、その動画だ。これはGeicoという保険会社が作った。氏が現れるのは最後の方だが、全く年齢を感じさせないビジネス・リーダーだ。(バフェット氏が指揮をとるBerkshire HathawayがGeicoの親会社)





(情報源:http://www.time.com/time/business/article/0,8599,1973115,00.html

http://www.thestreet.com/story/10706259/1/cramers-mad-money-recap-preparing-for-the-selloff-final.html)

弾みが付いたGE

イメージ
「ゼネラル・エレクトリック(GE)は、あともう20%ほど上昇の余地があると思う。」 --- メリー・ジェーン・マッツ氏(Fifth Third Asset Management)
ということで、早速GEを買った投資家もいると思うが、下が証券会社の意見だ。

今日現在の様子: GE株に強い買い推奨を出している証券会社は6社、買いは2社、ホールド(中立)は7社、そして売りと強い売り推奨は無い。
下はGE株とマーケット(S&P500指数)の比較だ。


最近1年間を見たものだが、GEの伸びは、マーケット(赤い線)の成長率を上回っている。
GEの日足チャートを見てみよう。


2日前、レジスタンスゾーン(1)を突破して上昇に弾みが付いた。しかし、RSI(2)は買われ過ぎレベルに達しているから、GEは突破したばかりのレジスタンスゾーンの上で、しばらく横ばいになる可能性がある。言い換えれば、レジスタンスゾーンの上限がサポートになりそうなわけだから、上限付近には押し目買いを狙う人たちが待っていることだろう。(3は20日移動平均線)

(情報源:http://www.cnbc.com/id/35930186
http://msncaps.fool.com/Ticker/GE.aspx

天然ガスは買い?

イメージ
(チャート:ino.com)

上のチャートで分かるように、天然ガスの下げが、なかなか止まらない。先ず、ここまで下落してしまった理由から復習してみよう。
・世界的な不景気で需要が減った。
・新掘削技術が開発され、今まで採取不可能だった天然ガスを入手できるようになり、供給量が大幅に増大した。(コロラド州の調査機関によれば、この新技術のお陰で米国の供給量は35%ほど増え、アメリカは向こう118年間天然ガスの心配をする必要が無い。)
というわけで、天然ガスは有り余っている、と結論され徹底的に売られてしまったわけだ。
しかし、こんな状況にもかかわらず、ダニエル・ディッカー氏(エネルギー市場専門アドバイザー)は天然ガスは買いだと言う。理由を要約してみよう。
どう分析しても明らかなことは、天然ガスは溢れるほどあるということだ。しかし、2005年と2008年に天然ガスが跳ね上がったことがあったが、これは供給不足が原因となったわけではない。
歴史を振り返ってみると、天然ガスは、突然人気化する傾向がある。とにかく何か材料が出れば、ここまで下げているだけに、天然ガスは簡単に動きだすことだろう。
投資のルールは皆が無視しているときに買うこと。投資家たちは、天然ガスに関係があるものを避けているのが今日の状況だ。
ディッカー氏は、投資対象として、二つの天然ガス銘柄をあげている。



Cimarex Energy Co. (XEC) 日足


SandRidge Energy, Inc. (SD) 日足


(情報源:http://www.thestreet.com/story/10704100/1/opportune-time-to-invest-in-natural-gas.html
http://www.sltrib.com/business/ci_13209753

金利は据え置き、

イメージ
そしてFOMC終了後の声明にも変化は無かった。



ドル/円の3分足(FOMC政策金利発表直前直後の動き)


そして、上はドル/円の日足チャート。下降するチャンネル内での動きが続いている。

marketwatch.comから抜粋してみよう。
「連銀は米国経済が、まだ独り立ちできる状態でないことを知っている。超低金利政策の終わりは依然として見えない。」
pragcap.comは、こう書いている。
「声明を一目見て言えることは、かなりハト派的な内容だから、これを買い信号と解釈する株投資家も多いことだろう。」


(情報源:http://pragcap.com/fomc-decision-no-rate-change-no-statement-change
http://www.marketwatch.com/story/fed-sees-some-progress-in-economic-recovery-2010-03-16

グーグル

イメージ
米グーグルが中国向けに運営している検索サイト「Google.cn」を閉鎖する可能性が高まっているようだ。世界最大のインターネット人口を持ち、著しい成長を遂げる中国市場からまた外資系有力企業が1つ消える。(3月15日のウォール・ストリート・ジャーナルから)


グーグルの日足チャート
金曜、グーグルは上からかぶせるような陰線(1)だったから、月曜の下げを予測していた人は多かったと思う。少し下げたところで買いを考えていた人たちは、トレンドライン(2)付近までの下落を期待していたことだろう。
しかしニュースが悪材料となり、グーグルは一気にトレンドラインを割ってしまった(3)。崩れたトレンドラインはレジスタンスになってしまう傾向があるから、押し目買いを狙っていた人たちは、一先ず買い計画の中止だ。
グーグルのニュースで、中国の検索エンジン会社バイドゥが強いスタートを切った。

バイドゥの日足チャート
しかし、長い上ヒゲ(1)が示すように、バイドゥは大きく失速だ。出来高(2)も膨れ上がり、かなりの利食いがあったことも分かる。ということで、バイドゥもここでは買えない。

(情報源:グーグル、中国向けサイトの閉鎖に近づく)

でっち上げ?

イメージ
米カリフォルニア州で起きたトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」が急加速し減速しないとされるトラブルをめぐり、米メディアは12日までに、この車を運転していた男性の行動に疑惑が浮上していると相次いで伝えた。一部のジャーナリストは「でっち上げだ」と指摘している。(中略)男性が金銭に困っていたとの報道もある。(後略)(sankei.jp.msn.comから)
そして下は14日のCNNのヘッドライン。
Testing didn't duplicate sticky gas pedal on man's Prius
プリウスを調査して分かったことは、男性(ジェームズ・サイクスさん)の言うようなアクセルの問題を再現することは出来なかった。
サイクスさんは事件をでっち上げたのだろうか?「男性が金銭に困っていたとの報道もある」、ということだから、単なる金欲しさの犯罪だろうか?
Jalopnik(自動車専門ブログ)は、こう書いている。
・サイクスさんは、2008年に破産申請をしており、70万ドル(6300万円)を超える借金がある。(USA TODAYによれば、破産の結果、ベンツ、ボート、キャンピングカーがなどが差し押さえられた。クレジットカードの借金だけでも11万5000ドル(1040万円)あり、16枚のカードを所有していた。)
・ここ5カ月間、サイクスさんは、事故を起こしたプリウスのリースの支払いをしていなかった。
・サイクスさんは、何度も盗難にあい、保険金を受け取っていたという噂がある。(AOLによれば、これは噂ではなく事実のようだ。保険詐欺という言葉は使われていないが、それを匂わせる書き方だ。)
・サイクスさんに騙された、と言う元ビジネス・パートナーもいる。
・これが今回の事件に関係があるかは分からないが、サイクスさんは、ワイフスワッピングなどを勧めるアダルト・サイトAdultSwingLife.com (NSFW) のオーナーでもある。
下は、AOLのオンライン意見調査だ。(月曜の午前中時点)


質問: サイクスさんは、事故をでっち上げたと思いますか?
回答:
でっち上げたと思う  81%
でっち上げたとは思わない  18%
総回答数:99,994


追記:aoisora461kumoさん(http://twitter.com/aoisora461kumo)が、トヨタに関するこういう興味深い…

その後のシティグループ

イメージ
シティグループの日足チャート


トレンドが下げ方向の時は、1、2、3で示したように、ストキャスティクスが買われ過ぎゾーンに入ったところで空売ることができた。
しかし、日足トレンドが上げ方向に転換した今日、ストキャスティクスが売られ過ぎゾーンに達したところで、買いを計画するトレーダーが多いことだろう。

1時間ソンした、、

イメージ
まだ春ですが、アメリカは日曜からサマータイムが始まりました。時計の針を1時間進めるのですが、睡眠時間を1時間失ったような気分です。
こういう一こま漫画を見つけました。


Little Lessons in Lifeから)
バッテリーの無い本、、、、やがて本物の本は世の中から消えてしまうのでしょうか?


笑い事ではないのですが笑ってしまいました

イメージ
トヨタのリコールで、アメリカではトヨタを馬鹿にすることが流行っています。
たとえば、この画像です。アーノルド・シュワルツェネッガー主演の映画タイトルが、このように入れ替えられています。

下がオリジナルです。

タイトルの上には、「Get ready for the ride of your life」という一文が見えますが、正に痛烈な皮肉と言うしかありません。
トヨタがイメージを回復するには、おそらくかなりの時間がかかることでしょう。しかし私は、力強いトヨタのカムバックを期待する一人です。

(情報源:http://bitsandpieces.us/2010/03/13/only-changed-the-word-total-to-toyota/

フォトジャーナリズム

テーマは人民軍最高司令官、元帥、国防委員長、党総秘書、党中央軍事委員、党中央委員、そして代議員、とやたらと肩書きのある北朝鮮の最高指導者、金正日です。
全31枚
On the Spot with Kim Jong-il

マーケット関係者のコメント

イメージ
・ 「世界は豊富な資金で溢れている。現在の株式市場が、金融市場に支えられていることを考えれば、ここで株を売るということは道理に合わない。金融市場が示していることは、株は更に上昇するということだ。」 --- ポール・シュルテ氏(Nomura International)
・ 「2009年3月9日の安値から、S&P500指数は69%の上げとなった。しかし、上げ相場はまだ始まったばかりであり、上昇は次の大統領選挙まで続く可能性がある。」 --- ラズロ・ビリニ氏(Birinyi Associates)
・ 「過去23年間のデータを調べてみると、個人投資家たちが、現時点において株に割り当てている資金の比率は平均以下だ。これが意味することは、個人投資家たちには、まだ十分な資金が残っているわけだから、ここで大きく株式市場が下がる可能性は低い。」 --- バリー・リットホルツ氏(FusionIQ)
・ 「一年前の厳しい状況で投資家に求められたことは、自分のルールに従って株を買うということだった。それが出来た人は良い成績を上げていることだろう。しかし、今日のマーケットは大きく変わり、そう簡単に利益を上げることはできない。慎重な銘柄選びが必要だ。」 --- グレン・トング氏(T2 Partners)
・ 「S&P500指数が、2009年の安値をテストすることはない。もし、ここから10%、20%といった下落になれば、紙幣印刷の専門家バーナンキ議長が、市場へ大きく資金を注入することだろう。もちろん結果はドル安だ。」 --- マーク・ファーバー氏(Gloom, Boom and Doom Report)
・ 「金の強気論者たちは、金価格は、ここから大幅に上昇するということを疑わない。しかしコントラリアンな立場から分析してみると、金が上昇を開始するには、先ずサポートレベルのテストが更に必要だ。」 --- マーク・ハルバート氏(Hulbert Financial Digest)
・ 「一般的な相場論、テレビによく出る専門家の意見を聞く価値は無いだけでなく、それらはトレーダーの健康に有害だ。」 --- ジョー・ドノヒュー氏(Desert Shores Capital LP)





(情報源:http://www.cnbc.com/id/21114826
http://www.ritholtz.com…

こんなところでトヨタの名前が使われている

イメージ
(写真:The Grand Rapids Press)

昨夜起きた事件だ。場所はミシガン州にあるバーガーキング。
バーガーキングは24時間営業だが、夜11時を過ぎると店内に入ることはできず、注文はドライブスルーだけに限られる。
午前3時過ぎ、ある女性が店のドアを叩いた。ノックの音に気がついた店員は、開いているのはドライブスルーだけだから、注文をしたいならドライブスルーを使うようにと女性に言った。
さっそく女性は、ドライブスルーの窓口へ歩いて行って店員に注文を告げた。しかし、店員からの回答はこうだった。「ドライブスルーの窓口では、車の中から注文してください。」
ということで、この事件が起きた。女性は車へ戻り、エンジンをスタートさせると、いきなり店内へ突っ込んで来た。

こんな書き込みがあった。
「見たところ、この車はシェビーかポンティアックのようだ。おそらくGMがトヨタから部品を買ったのだろう。」 --- johnさん
リコールのお陰で、トヨタのイメージは、かなり落ちたようだ。


(情報源:http://consumerist.com/2010/03/unhappy-with-drive-thru-policy-woman-drives-through-burger-king-window.html
http://www.mlive.com/news/grand-rapids/index.ssf/2010/03/woman_drives_car_into_side_of.html

これは人種差別?

イメージ
黒人バービー人形は白人バービー人形より安い。


(写真:newmedia.funnyjunk.com)
場所はルイジアナ州にあるウォルマート。見てのとおり、黒人バービー人形は3ドルだから、白人バービーのほぼ半額だ。人種差別だ、と言う人もいるが、さっそく掲示板の書き込みを見てみた。
・値段の差だけで、直ぐに差別だと決め付けるのは間違っていると思う。白人バービーはスタンダードな商品なのだから、それ以外の非スタンダードな商品が安いのは当然だと思う。(Loiasさん)
・おそらく、黒人バービーの売れ行きが悪いから値下げしたのではないだろうか?(Toffeemamaさん)
・このような値段の違いは、ウォルマートだけで起きているのではなく他の店でも起きている。黒人バービーがあまり売れないから値下げになったのだろう。(JanetCarolさん)
・似たようなことが以前もあった。車椅子に乗ったバービーが販売されたことがあるが、これは普通のバービー人形より、かなり安く販売されていた。おそらく人気が無かったのだろう。(eccsameさん)
・あまりよく売れない商品があった場合、あなたならどうするだろうか?(ninja-mehさん)
・大切なことは、黒人の女の子たちが値段の差を見たら、いったいどう思うだろうか、ということを考えてみる必要があると思う。(summerbeeさん)
・白人たちは、割高な白人バービーに抗議するべきだ。(keeblerelfさん)
・単に値段の差を見ただけで人種差別だ、と直ぐに結論してしまう人がいるということが残念だ。( ThumbInMeBumさん)


(情報源:http://consumerist.com/2010/03/walmart-sells-black-barbies-for-less-than-white-ones.html
http://newmedia.funnyjunk.com/funny_pictures/224187/Wal+Mart+Fail/
http://guanabee.com/2010/03/brown-barbies-cost-less/

一見すると愉快な動画ですが、、

ふざけた感じで始まる動画ですが、とても真面目な話です。
ヘンだ、と思ってからでは遅い。乳がんの定期検診の大切さを、ユーモアをまじえて伝える動画です。

大陽線のシティグループ

イメージ
取引終了まで約2時間を残し、シティバンクでお馴染みのシティグループ(C)が、7%を超える大幅上昇になっている。CNNマネーのウェブサイト上に、著名ファンドマネージャー、ブルース・バーコウィッツ氏が最近シティ株を7億ドル以上買ったという記事が掲載され、言うまでもなくこれが大きな買い材料になった。
「シティのバランスシートは、ゆっくりと良くなっており、シティが抱える不良資産には5%を超えるリターンがある」、というバーコウィッツ氏の言葉が記事のポイントの一つだ。日足チャートを見てみよう。

先ず、目立つのは大陽線だ。トレーダーや投資家に広く利用されている200日移動平均線を突破だから、長期トレンドが上向きに転換した、と結論する人たちが多いことだろう。
週足チャートも見てみよう。


頭上には幾重にも重なるレジスタンスラインが待ち受けているが、長期的に投資する人たちは、青い線で示したレジスタンスゾーンあたりを狙っていることだろう。
それでは、どのようなタイミングでシティを買うかだが、これはトレーダーのタイプによって当然手法が違ってくる。下は、日足を使った一例だ。


もし利食われるのを待って買うなら、ブレイクアウト・ポイントとなった、赤い線付近がサポートになる可能性がある。
シティグループが、しばらく注目されそうな、もう一つの理由は株価だ。シティを1000株買ったとしても4000ドル以下(約34万円)だから、とても買い易い。しかし、グーグルを1000株買うには56万ドル(約5000万円)ほど必要だから、正にシティ株は大衆向きだ。


(情報源: http://money.cnn.com/2010/03/09/news/companies/Citi_shares.fortune/index.htm

またトヨタの話題

米メディアによると、カリフォルニア州南部サンディエゴで8日、男性がトヨタ自動車のハイブリッド車「プリウス」を高速道路で運転中、アクセルペダルが戻らず減速できなくなったとして、約20分後に警察のパトカーが強制的に止めるトラブルがあった。男性にけがはなかった。
 男性の車は時速約150キロまで加速し、男性が警察に通報。男性はエンジンを切って車を減速させ、最後は駆けつけた警官がパトカーを車の前につけて停止させたという。(共同)
NBCサンディエゴ支局によれば、車を運転していたのはジェームズ・サイクスさん(61歳)。リコールが心配だったサイクスさんは、最近トヨタ・ディーラーに車をもっていったところ、サイクスさんのプリウスはリコールされていないと言い渡された。
トヨタに新たな疑問浮上、と早速アメリカのマスコミは騒ぎ始めている。やれヤレ、、、

(情報源:http://sankei.jp.msn.com/economy/business/100309/biz1003091246013-n1.htm
http://www.nbcsandiego.com/news/local-beat/Runaway-Prius-Needs-Help-to-StopCHP-86965487.html

成功するか??

ソーダ税はトリプルプレイ?

イメージ
「今日の厳しい経済状況を簡単に好転させる方法は無い。しかし、ソーダ税というのは理にかなった措置だと思う。なぜなら、この税金は人命を救うことができるからだ。」 --- マイケル・ブルームバーグNY市長
ニューヨークで検討されているソーダ税とは何か?8オンス(約237CC)当たりのカロリーが、10カロリーを超えるソフトドリンクが対象になり、もしこの案が可決すると、ほぼ全てのソフトドリンクが課税されることになる。
リチャード・デインズ氏(ニューヨーク州衛生局長)は、こう語っている。「ソーダ税はトリプルプレイだ。この税金は肥満対策になり、州政府に必要な税収入の一つとなり、長期的にはヘルスケア・コストを減らすことができる。」
掲示板を見てみよう。
・自分の体重をコントロールできない人たちのために、なぜ私が税金を余分に払う必要があるのだろうか?(mr.muncheezさん)
・ソーダ税は、太っていない人たちを罰することに等しい。(lovely78さん)
・ソーダ税は、もっと早く導入されるべきだった。ソーダだけでなく、肥満の原因になるジャンクフード全てにかなり高い税金を課せば、ジャンクフードの消費量が減ることだろう。とにかく肥満問題が州政府に大きな重荷になっているのだから、ソーダ税には賛成だ。(dro74さん)
・私もソーダ税に賛成だ。この国は太った人が多すぎる。(trujilloさん)
・ソーダに課税?次は空気に税金を課すつもりだろうか?(criteriaさん)







(情報源:http://consumerist.com/2010/03/nyc-mayor-bloomberg-says-soda-tax-is-an-easy-fix-for-flagging-economy.html
http://www.nytimes.com/2010/03/08/nyregion/08soda.html

週末のニュースレターから

イメージ
(一部抜粋)
コメント:
・ 「去年の3月、マーケットは大底を打って上昇が始まった。歴史的に言えることは、マーケットが底を打った後、特に活躍が目立つのは小型株だ。」 --- デービッド・ソワビー氏(Loomis Sayles)


S&P500指数(日足) 大型株指数
まだ高値を更新していない。



ラッセル2000指数(日足) 小型株指数
金曜、高値を更新し、たしかに小型株が好調だ。


上は、ラッセル2000指数に連動する上場投信、iShares Russell 2000 Index (IWM)の日足チャートだ。プルバックの買い候補に入れている投資家が多いことだろう。

TheStreet.comのオンライン意見調査: (土曜の夕方時点)
質問: 来週のマーケットに、どんな姿勢で臨みますか?
回答:
・強気  55.27%(267票)
・弱気  32.71%(158票)
・中立  12.0%  (58票)