投稿

米国株式市場:来週の動きはどうなる?注目されるブローカー・ディーラー指数

イメージ
今週の米国株式市場をふり返ると、S&P500指数は+4.30%、ダウは+4.25%、そしてハイテク株の多いナスダックは+5.31%という好結果でした。この強い反発ラリーを受けて、投資家たちのセンチメントも明るくなっています。

成功しているトレーダーに共通すること

イメージ
(下記はSEE IT marketの記事を要約したものです。)


・正しい負け方をすること:
ご存知のように、全てのトレードで利益を上げることは不可能だ。成功しているトレーダーと上手くいってないトレーダーの大きな違いは、どのような形で損を出しているかだ。3つのことを実行したい。

米国株式市場: ここは売り手の正念場

イメージ
先週とは打って変わり株式市場のムードが明るくなり始めています。下は、米国株式市場のバロメーターとして知られるS&P500指数の日足チャートです。

雑談的な今日の米国株式市場の振り返り

イメージ
予想を上回る1月の米消費者物価指数の発表を受け、ニューヨーク株式市場は下げで始まりました。

ハーシー株と株式市場の天井について

イメージ
ハーシーと聞いて、直ぐに頭に浮かんで来るのはチョコレートです。



エディ・エルフェンバイン氏(ポートフォリオ・マネージャー)のツイートを見てください。

無理して背伸びしているものを売れ

イメージ
S&P500をトレードしている知人が来ました。残念ながら、2時間ほどしか話す時間はありませんでしたが、ドルについても数分ほど話しました。下は、米ドル指数のETFの日足チャートです。

今週のマーケットの焦点:押し目買いは今回も通用するだろうか?

イメージ
さて、今週の株式市場はどんな動きとなるでしょうか?とにかく先週のマーケットは大荒れだっただけに、投資家たちは思いつく全ての株サイトにアクセスして、情報集めに忙しいことでしょう。

株式市場底打ちまでの35の段階

イメージ
(下は、マイケル・バトニック氏のブログから抜粋したものです。)


左側の数字は株式市場の下げ幅を示します。

ー1%: 売り手を馬鹿にする。

大荒れのNYダウ、何と一日の値幅は1022ポイント

イメージ
波乱な金曜、大荒れの一日となりました。約10分の動画です。

キー・レベルを割った米国株式市場:株を売った資金はどこへ行った?

イメージ
正に月曜の再来、木曜の米国株式市場は惨憺たる展開となりました。


ダウは4%を超える厳しい下げ、そしてS&P500とナスダックも、ほぼ4%の大きな下げとなりました。とにかく大幅下落だっただけに、マーケットは投資家たちが監視していた火曜の安値を割ってしまいました。

先ず、米国株式市場のバロメーターであるS&P500指数の日足チャートから見てみましょう。