投稿

窓を開けての大幅下落、GEに現れたウップスの買い

イメージ
日本でもお馴染みのゼネラル・エレクトリック(GE)に関するツイートです。


「GE株を昨日1万ドル分買っていれば、現在の価値は1万ドルだ。」

狙撃手のようにトレードするというのはどういう意味?

イメージ
トレーダー・コーチとして有名なブレット・スティンバーガー氏は、プロ・トレーダーを狙撃手(スナイパー)に例えています。

狙撃手とは、標的から長距離を隔てて狙撃銃などの銃で狙撃(精密射撃)を行う為に正規の訓練を受けて専門化された要員である。狙撃手は、軍事組織・準軍事組織に所属する歩兵である者 (military sniper) と、警察などの法執行機関に所属する者 (police sniper) に大別される。(ウィキペディアから抜粋)

アダムとイヴというチャートパターンをご存知ですか?

イメージ
正確な名称はアダム&イヴ・ダブルボトムになり、少し変わった二番底です。

資金の少ない若い世代から裕福な投資家まで皆揃って株に熱中

イメージ
警戒論は有り余るほど既に発表されていますが、米国株式市場に差し迫った心配材料として、マイケル・ウィルソン氏(モルガン・スタンレー)は次の5項目を挙げています。

米FRBのバランスシート縮小がそろそろ始まりそうだ。減税は議会をそう簡単に通過しそうにない。次期FRB議長任命がマーケットを動揺させる可能性がある。低迷していたドルが底を打ち上昇が始まりそうだ。経済先行指数は極端なレベルに達し、このあたりがピークとなる可能性がある。 しかし、ウィルソン氏は株を売ることは勧めず、マーケットが下げる度に株を買い足すことを勧めています。

百貨店株の底値拾いを試す一部の投資家たち

イメージ
月曜の米国株式市場終了まで約50分となりました。今日最も上昇しているのはプラス2.18%の銅株指数、そして最も下げているのはマイナス2.24%の百貨店株指数です。好調な方ではなく、下げている百貨店株指数を見てみたいと思います。下が日足チャートです。

NYダウと乖離率

イメージ
土曜の昼を少し過ぎたところです。株の買われ過ぎ、売られ過ぎを判断する方法として、一部のトレーダーたちは乖離率を使っています。現在の株価が、移動平均線からどれくらい離れているかを見ることで、株価の行き過ぎを判断する方法です。たとえば、下はNYダウの日足チャートです。

熱狂的な相場が始まるのはこれから??

イメージ
強い株式市場が続いています。下は、1987年以来、個人投資家たちのセンチメントを毎週調査しているAAIIから発表された今週の結果です。


強気:39.8%(前回:35.6%、歴史的平均値:38.5%)
中立:33.3%(前回:31.6%、歴史的平均値:31.01%)
弱気:26.9%(前回:32.8%、歴史的平均値:30.5%)

スナップチャットはAB=CD??

イメージ
久しぶりにスナップチャットが話題になっています。クレディ・スイスのアナリストが、スナップの目標株価を17ドルから20ドルに引き上げました。理由は、第3四半期のスナップチャットのユーザー数は予想以上に増えている可能性があるためです。

ニューヨークに上場されて以来、スナップ株は低迷が続き、投資家から完全に見放された状態でしたが、目標株価引き上げニュースは大きな起爆剤となりました。下は3分足チャートです。

米国に迫る景気の後退??

イメージ
先週金曜に発表された米国9月の非農業部門雇用者数は、予想されていた8万人増を下回る3万3000人減(前月比)という冴えない結果でした。「減少は7年ぶり」と報道されましたが、「これはハリケーンが原因であり、あくまでも一時的な出来事である」という見方が直ぐに広がり、悪いニュースは無視される形となりました。

今年の米国株式市場で成功している売買方法

イメージ
あと3カ月で2017年のマーケットが終わります。ここまでを振り返り、チャーリー・ビレロ氏(ペンション・パートナーズ)は、今年成功している売買方法をツイートしています。